FC2ブログ
AXNミステリーで始まった、判事ディードを見ました。

建設現場で、家計を支えようとアルバイトを始めたばかりの若者が死亡し、その原因が現場の安全確保を意図的に怠ったことにあるとして、支配者層に影響力のある経営者を法の正義に忠実な判事が罪に問う法廷劇です。

一方判事自身は、ある事情から動物実験を行っている研究所の所有する犬を飼うことになり、この裁判を揉み消そうとする支配者層に窃盗者として追及されることになります。判事ディードは、犬を確保した警察に乗りこみ「私の犬はどこだ」「犬を研究所に戻し、殺すのか」と詰め寄り、警官は檻から犬を解放し、ディードに引き渡します。

常識は、社会を動かしている経営者に直接の罪は無いと不起訴を、犬は所有者に戻し判事に法を犯した責任を、求めるのかもしれません。

しかし、ドラマは対極の論理に立ち、経営者は有罪(manslaughterにより)となります。

法とは、人を罪に問うものではなく、命を育み、守るための道を示す、私たちが常に回帰する原点のようなもの、だということなのでしょう。

先週訪問した岩槻の農家、清水さんから
今日届いた所謂こだわりのお米。美味しい
清実こしひかり_20110327 2
スポンサーサイト



東北地方太平洋沖地震発生から、9日経ちました。

地震、津波、火災、原発事故。未曾有の惨事に続き、計画停電や流通障害、そのために生じた交通マヒや生活必需品の不足等、被災地から首都圏まで、様々な問題が起き続けています。

震災は、多くのことを私たちに語りかけているように思います。

自然の持つ圧倒的な力を前に、人は無力でした。私たちは、恵みでもあり脅威でもある自然に抱かれて生きていることを謙虚に認め、エゴをむき出しにして立ち向かい、貪欲に腹を満たそうとすることを止めるべきではないでしょうか。

また、大都会の現状を見、そして徒歩帰宅等を実際経験したことからすると、分散型の社会を築く他に、私たちの選択肢は無いように思います。

奇妙な言い方ですが、テクノロジーを駆使しつつ豊かな自然に回帰していく生活、そして社会を、皆が知恵を出して創っていくことが求められているように思います。

野菜を干して料理しようと思ったのですが、家
内から、カラスが来るから止めてくれと言われ
ただのジャガイモで作ったローズマリーポテト。
更に一言。放射能が降ってきているのに、外に
食べ物をおいておく馬鹿はいない、とも。
ポテトローズマリー_20110320 4
11日(金)、大きな地震が発生しました。

被災者の方々にはご健康でいらっしゃることを、お亡くなりになられた方々にはご冥福を、お祈りいたします。

私自身は東京駅八重洲地下街で、地震を経験しました。震度5強と発表されていますが、もう少し強いと立っていられない程の揺れを感じました。地震直後、係員が出入口の階段にいて外に出ないよう呼びかけ、ドアを閉じ人の出入りを遮断していました。数分後には外に出られるようになり、事務所に戻りました。

夕方仕事を終え、練馬の自宅へ歩いて帰ることに決めました。まずは、水と食料を買おうと18時前に事務所を出て東京駅から大手町へと地下道を歩きましたが、大丸百貨店、コンビニは店を閉め、パン屋には行列が出来ていたので買うことは諦め、地下を出て、竹橋、飯田橋、高田馬場、そして自宅へと只管4時間以上歩き、自宅に着いたのは22時15分。疲れました。

途中、ヒロタの売店で店員とちょっとした会話をし、顔見知りの居る神保町のマザーズに立ち寄り話をしましたが、一人、不思議な人混みの中を歩く時、人と言葉を交わしたことが大きな励ましとなりました。

2日経った今日、断続的に小さな余震はありますが、練馬近辺は落ち着いています。都心の催しは中止しているものもあり、人をなるべく集めないようにしているようです。道路も空いていて、外出を控えている人が多いように思います。

明日から、大都会では、日常が再開されます。
皆、何を思い、満員電車に乗るのでしょうか。

近所のスーパーでは、インスタントラーメ
ン、水、パンが売切となっていました。
地震後のスーパー_インスタントラーメン_20100313 2

地震後のスーパー_水_2010313 5
少年ジャンプNo13掲載「ワンピース」、機械人間フランキーと魚人デンの会話です。

「しかしあんた似てねェなー 人魚だしよ・・・トムさんの弟だってェからも少し似てんのかと・・・」
「ハハハ 人間らしい考え方だ。地上に住む種族達は家族で姿が似る事が多いもんな」
「「魚人島」では誰がどんな子を生もうと何ら不思議じゃないんだよ。だから君ら人間が姿形の違う者達を区別したがる気持ちが本来・・・僕らには理解できないんだ」

何を、何のために、区別するのか。
そして、その区別に勝手に序列をつけて、差別する。

止めた方がいい、と思う。

野菜の「もったいないを止めよう」をモットーに
規格外野菜の販売を行っている内田さんから
いただいた完熟とまとで作った、ミネストローネ
ミネストローネ_20110306 2