FC2ブログ
今週のジャンプは、ワンピースがお休み。

ベルゼバブ。男鹿が、中々かっこよかった。そしてヒルダとの関係が、ちょっとばかり妖しげな感じになってきたような。
ハンター・ハンターは、また殴り描き。意図的なのか、手抜きなのか。よく分からない。
マジコは、ちょっとシオンが格好良過ぎ。
黒子のバスケは、スラダンの後追い感が強くなってきたような気がする。
トリコが、一番ジャンプっぽいかな。
クロガネも悪くない。銀さん、めちゃくちゃ。

さて、ナルト。
マダラに追い込まれ「やはり歳か」と諦めかけた時、土影オオノキが底力を見せる。
「お前の意思は世界をも変える力を秘めておる じゃが・・・その意思も無くなることがある・・・ 壁じゃ! 壁に当るうちそれを捨て・・・言い訳し・・・」
「なにが・・・“やはり歳か”・・・じゃ」「言い訳して・・・いいわけあるか!・・・じゃぜ」

私たちは、自らの努力が実らない時、今出来ることが小さくて目的に到底届きそうもないと感じる時、これが現実だ、と自分を矮小化していく。

壁は高くて、乗り越えられないかもしれない。厚くて、壊せないかもしれない。迂回する道も、無いかもしれない。
休んでもいい。でも、諦めるのだけは止めよう。

向うという意思が、人生という物語を創るのだから。

三軒茶屋のレストラン「愛と胃袋」の一皿
名前は忘れました。とても美味しかったです
愛の胃袋_2 4
スポンサーサイト



先週、大学時代の同級生と飲みました。

気の置けない仲間との無防備な時間。幸せな一時です。
こんな会話をしました。

「より良くしようと努めていた自分が、無くなってしまった。最近、進歩が感じられない」
「それは分かる。歳のせいかな」
「もっと出来ると思っていたが、こんなもんなんだと思うようになったんだ」
「何か求めるものがあって、出来なければそれで終わり。そういうことなのだろうか。日々、人やもの・ことに真面目に向き合い、瑣事と思われること(実はそうではないかもしれない)と格闘していると、こだまのように真面目が返ってきて、いつか異なった地平が見えてくるような気がする。それが人を豊かにし、そして他人を豊かにしないだろうか」
「僕らには、日常しかない。人生は、それと向き合う以外の何物でもないんじゃないのか」
「日常ね」

目的は、成し遂げたい。遂げるべきだ、と思います。
一方で、そのことに囚われ過ぎて、見失うこともまた多いように思います。

その損失は思いの外大きく、人を歪めてはいないでしょうか。

恩師からビールをいただきました
家内からビアカップを貰いました
定番のジャーマンポテトで、一杯
ジャーマンポテト_20120222 2
チームワークが大事だ、などとよく耳にします。

分かっているようで、実はよく分かっていない言葉の一つかもしれません。Goal.comの記事“ライバルのデ・ヘアを称えるリンデゴーア”を読んで、ちょっと考えてみました。

移籍後、フィジカルの強さを求められるイングランド・サッカーにうまく適応できず、失点することが続き起用される機会が減ったゴールキーパー、デ・ヘアに関する記事です。チームメートで同じポジションを争うリンデゴーアが、以下の話をしたと書かれています。

「彼はまだ21歳だけど、彼のポテンシャルは圧倒的だ。疑いの余地はないし、いつかユナイテッドのベストGKになるだろう。僕の仕事は、僕が引退するまでそうさせないことだね」「彼を助けるためにできるすべてをしているよ。彼との仕事を楽しんでいる・・・お互いを正しい方向に押し合っていかなければいけない」

ポジションを争うという純粋な競争が両者のクオリティを高め、お互いの利益になる。しかし、試合に出られるのは一人。ピッチに立たなければ、努力は報われない。チームを強くするためには、ベンチのクオリティが求められる。

「鶏口となるとも牛後となるなかれ」に従って出るか、それとも訳あって留まるか。

何故に自分はここに居るのか。
その問いに対する強い想いや覚悟の総体が、チームワークとなるのでしょう。

妹から、キウイを貰いました
妙に甘い、不思議な味でした
キウイ_20120214 3
子供が、結婚します。

孫が生まれれば、おじいちゃん。
俺も、もうそんな歳か、と思いながら、子供の話を聞きました。

両親に報告をと、子供と一緒に実家に行ってきました。

「よかった。よかった」と、親父がとても喜んでいました。
その姿を見て、私も嬉しくなりました。

いいことをしたんだな、と思いました。

スンドゥブに、ぬる燗
ちょっと違うかな
スンドゥブ 2