FC2ブログ
檜原村に行き、麦刈をしてきました。

11月に植えた麦が色付き、早く刈れよと誘っているように感じました。
いよいよ収穫です。
麦の実り

作業は10時~15時まで、休みなく行いました。
鎌で刈り、束ね、水に浸した藁で縛っていきます。
麦刈

刈り取った麦の束を軽トラに積み、畑から干し場のある学校へと運びます。
貴重な戦力、2歳の麦ちゃんもお手伝い。
麦の収穫 麦ちゃんもお手伝い

廃校の軒先に干し、本日の作業は終了。
後は、待つだけ。2週間後に脱穀です。
麦の棚干し

初めての麦刈。
収穫という言葉が心地よい疲労と共に実体ある経験に転化した、豊かな一日でした。
スポンサーサイト



気仙沼に行ってきました。
最初に訪れてから1年。5回目の訪問です。

今回の目的は、お付き合いただいている託児所“キッズROOMおひさま”と南町の子供ひろば“cadocco”で、枝木を使ったペンダント“もっくん人形”作りを行うことでした。森林保護活動グループ、かわうそ倶楽部の松浦さん、森田さん、大崎さんの指導を受け、みんなワイワイ楽しく、もっくん人形を作りました。
おひさまでもっくん人形作り もっくん人形作り@cadocco

できたよ 切り抜き2 ペンギンとピンク人形

たくさんの笑顔に出会って、主催者の方がむしろ楽しませて貰ったような、素敵な一時を過ごさせていただきました。
笑顔の園長先生 切り抜き

笑顔 160×120

人形作りの後は、お買い物。私の気仙沼定番コース。おひさまを出ると、近くの味屋酒店でお酒を買います。今回は、気仙沼産米で作った吟醸酒「希望」。
お店は、新城の仮設商店街にあります。そのプレハブの壁面に武蔵美の学生たちが絵を描き、楽しげな感じになっていました。
かもめ通り仮設商店街
 
下は、今年3月の商店街の写真です。左側自販機のある面に、今は絵が描かれています。
味屋酒店_20120306

宿泊した唐桑にある高見荘を出る時、お近くの漁師さんが朝獲れた新鮮なイワシを届けに来ていました。届けた漁師さんも受け取る宿のおかみさんも、笑顔。とても楽しそうでした。最近、地引き網を使った漁が再開されたと聞きました。健全な日々が安らぎを与えてくれている、そんな風景でした。

少しずつ、笑顔のある日常が戻りつつあるようです。