FC2ブログ
26日(日)U字溝で炭を起こし、畑でバーベキューをしました。

酷暑の中、日陰の無い畑で草取りをしてもらった仲間と木陰のある別の畑に移動し、さつま芋農家からいただいたスイカで、先ずは水分補給です。
スイカを食べる大谷さん
それから、朝取りのキュウリとトマトを口に入れて一心地ついた後、ご近所の牧場から仕入れたサシの入った牛肉を堪能しました。
中村牧場の牛たち 牛肉を食す
そして、トウモロコシ。ふっくらと柔らかに焼き上がり、口に入れると軽く歯ごたえがあり、噛むとジューシーな甘さが口一杯に広がっていきます。一度食べてみたかった、取りたてのトウモロコシ。頬張った3人が、思わず顔を見合わせる程の美味しさ。生きてて良かった、って感じでした。
畑のトウモロコシ 網の上のトウモロコシ
最後は、ホイルに包んだジャガイモを炭に直接突っ込んで焼き、焼き上がりにバターを乗せて、ジャガバタで締めました。
ジャガバタ
片づけをしていたら4時になり、それから申し訳程度に5時半まで草取りをして、上がりました。

完熟の取りたてを食す畑の食事に、ハマリそうです。次は、枝豆かな。
スポンサーサイト



19日(日)ユーカリの苗の移植を行いました。

午前中は、加藤さんがユーカリの木を切り私が枝を落とし、コアラの餌となる葉のついた枝を40本程集めました。
ユーカリを切る加藤さん 縦
昼食後、別のユーカリ畑に移動し、藤沢から遠路駆けつけてくれた仲間と加藤さんと3人で、雑草除けのマルチを敷き、穴を開け、苗を入れ、土を固めて、水をやる作業を行いました。夕刻には、他の作業を終えた加藤さんの息子さんも加わり、スピードアップ。6時を少し回った頃、100株程度の苗を植え終わりました。
ユーカリの苗を移植する大谷さん 移植したユーカリ
梅雨の晴れ間に、菜種、小麦、蕎麦を刈り取り、乾燥させ、畑を耕しゴマと大豆を植えなくてはならない多忙な時期に突然舞い込んだ仕事でしたが、苗が成長し過ぎる前に何とか無事、終了しました。

お天気と相談しながら、いつまでに何をするか、自在に伸縮させながらも最後は帳尻を合わせていけるタイムキーパーに私もならなくてはいけないなと、仕事を終えた後空に掛かった虹を見ながら思いました。
仕事を終えて戻ったら虹が見えました

ササゲとタカキビは本葉が出て、私の畑で元気にしています
ササゲ 本葉が出ました タカキビ 本葉が出ました
生まれて初めて、畑を持ちました。

私が就農のための研修を受けている加藤さんの借地、5反ほどの畑の一部、2反(20アール)程度の農地を「ここにササゲとタカキビを蒔け」と言われ、サブリースして貰ったものです。
私の畑 仲間と播種
5日(日)“麦ふみの会(ブログ「小麦の種まき」「めしがうまい」「愉快な一日‐麦ふみ・食卓・大豆の選別」参照”の仲間と一緒にササゲを蒔き、7日(火)私一人でタカキビを蒔きました。
ササゲ種 タカキビの種
ササゲは、鳥が動かしたのかマルチの穴から飛び出しているものが結構あったり、土が被っていなかったりしていて「大丈夫かな。本当に芽が出るのかな」とても心配でした。7日に、飛び出した種を穴に戻したり、土を被せたりしました。

10日(金)ササゲの発芽を確認した時は、ものすごく嬉しかったです。体全体が微笑み弛緩したような、そんな感じでした。
ササゲの発芽 2 ササゲの発芽
12日(月)には、タカキビの発芽も確認しました。
タカキビの発芽 2 タカキビの発芽
漸く、僅かながらではありますが、私がこの5年間一人模索してきた農業が実体化しました。

ここからは、“私たち”の農業を目指すことになります。
農作業は天候に左右されることが多く、中々、人が思う通りには行かないようです。

7月5日(日)、6日(月)私の呼びかけに応えてくれた仲間と共に「ユーカリの苗を移植するぞ!」と意気込んでいましたが、天気が悪く、出来ませんでした。代わりにささげとゴマの種蒔、収穫時に使用するコンバイン袋の清掃、そしてゴマの水洗いを行いました。

日曜日は小雨で、重機を畑に乗り入れるには無理がありましたが、辛うじて、人が歩き作業をすることは出来ましたので、これも至急行わなければならなかった、ゴマとささげの種を蒔きました。
ささげの種蒔 黒ゴマの種蒔
畑では、ツバメが地上すれすれに飛んだり、急上昇急下降したり、忙しそうにしていました。
畑の上空を飛びツバメ

月曜日は本降りで、畑に出ることが出来ず、室内作業となりました。
ゴマの水洗い 麓さん

火曜日は曇りで、午後、加藤さんは移植を行うユーカリ畑にホイールローダーを入れ、枯れた木の根を掘り起し、私は伸びた草を刈りました。天気の問題で苗の移植が出来ていないのですが、移植の準備も整っていなかったようです。
草ぼうぼうの苗を移植するユーカリ畑 瑞穂 掘り起こしたユーカリの根
水曜日は雨でしたが、一日中、私一人、ユーカリ畑で草刈りを行いました。特に午後降りが酷くずぶ濡れになり「そこまでしなくても」と呆れられましたが、濡れる以外は特に問題と感じなかったので、午前3時間、午後3時間半、ひたすら草を刈りました。

天気の回復を待って、掘り起こした根を除け、トラクターで畝った後、マルチを敷き、苗を移植することになります。来週に入ると、そばの刈り取りが最優先になるようですので、ユーカリの移植は更に先延ばしされるかもしれません。

ゴマ畑の隣に植えられているキュウリの花
キュウリの花
綺麗だなと思いました