FC2ブログ
戦争について、考えてみました。

理由は、2つあります。この夏、広島への原爆投下に関するNHKのドキュメンタリー2本を見て怒りを感じたことと、20代後半の方が主催した「私たちの8.15」的な集会に参加し、テーマである「戦争とは何か」に直接向き合う機会を得たことです。

参加者の意見を聞き、あれこれと考えていると、「戦争」とは人間の本質とある意味同義ではないかと思われるほど、奥深い概念であるように思われてきました。そして行きついたことが、「文化」という言葉でした。

人は、生きていることに何某かの価値を認めることによって、その生を全うしようとする生き物であると思います。価値の体系には様々なものがあると思いますが、代表的なものは宗教でしょう。そして様々な価値の体系の総体として、文化を考えることができると思います。

文化は、実際の行動や生活を制約したり促したりする、長い時間を経て確立された規範です。規範は、現実的であると同時に正義や徳といった「あるべき」人の姿や美醜、善悪の判断を含みます。

原爆投下は「必要悪(“necessary evil”)」として、肯定されました。

正義は時として苦いものだ、というのでしょう。文化の敵、暴走する日本人の戦争を終わらせるためには、市民の大量殺戮という劇薬が必要だとの主張には、日本の制空権、制海権共に無く、勝敗の帰趨は明らかとなり、ヤルタ会談で既に戦後が実質的に開始されていることに鑑みれば、無理があるように思います。米国が世界にその力を示し、ソ連に対して優位を保つために戦争終結とは直接関係の無い原爆を投下したと考える方が、説得力を持たないでしょうか。日本の共産化や分割統治を避けるためには、必要だったかもしれません。しかし、投下された国の一般市民の悲惨は想像を絶するものがあり、私の感情は、日本人では無く人として、「必要悪」と肯定することを拒否します。

ドキュメンタリーで語られた「四つん這いの黒焦げの犬が来た、と思ったらお母さんだった」という一言が、忘れられません。

戦争とは「相手を武力でねじ伏せ無力化し、自分たちに従わせること」を国家単位で行うことだと思います。妥協不可能な対立する二つの考え方や行動様式の二者択一を、武力で解決し、勝者がその後のルールとなる訳です。自らが正しく相手は間違っていると考え、譲ることはしない。そして、相手を敵と呼び、暴力の行使を必要悪と肯定し、武力によって相手を屈服させるまで人を殺してよい、というロジックです。

「国際の平和及び安全を維持すること」を目的とする国際連合の憲章において、戦争は回避すべきもの(1章2条4項)としながらも、肯定されています(7章)。国家がその存続を全うするために行う手法を政治と呼ぶとすると、戦争(潜在的な脅威に対しては、武力の保持となる)は、政治の一手段として、世界の至る所で重要な役割を果たしています。

以下は、1999年のセルビア空爆時の写真です(ブログ「他人のモノサシで考えることが出来るか?」参照)。この光景から、私は「戦争とは、人間の尊厳の否定」なのだと考えるようになりました。少女は、今、何処で何をしているのでしょうか。憎しみの連鎖に囚われていないことを望みますが、無垢の人間が死にゆく戦争から、平和な世界が生まれるとは思えません。
1999@serbia_time of NATO bombing
ここから脱却するには、勝者と敗者を前提とした世界観を捨て去る以外に方法は無いように思います。如何に荒唐無稽に見えようとも、私たちは、そのための努力をしなくてはならないのではないでしょうか。人の命と心を守るために。

敗者が勝者に、無理やり従う生活に、平和な世界を見ることは出来ません。万人の自由を保障し、幸福を追求できる環境を平和と定義するならば、武力を前提としない、新たな世界文化を創造しなくてはならないと思います。
スポンサーサイト



ササゲの花が、咲きました。

7月31日に、ホンダのSALADで草取りをして翌日から気仙沼に行き、8月8日、1週間ぶりに畑に出てみたら、ササゲ、いい感じに伸びていました。
ホンダ SALADとササゲの畑 ホンダのSALADで草取りた後のササゲの畑
いい感じで成長してるなと思った20150808
加藤さんから「蔓ボケ」しないようにしないといけないと注意を促されましたが、遣り方が分からないため、そのうちやろうと油断していたところ、アッと言う間に蔓が地面を覆ってしまいました。
あっと言う間に蔓が伸びジャングルに20150811
真夏の炎天下にぐんぐん伸びる、植物の生命力の強さに驚く一方で、物凄い成長スピードを考慮せず、1週間も畑を留守にした後更に数日放置した己の馬鹿さ加減に呆れ、これじゃ管理者失格だなと思いました。

蔓が伸びれば、実に養分が回らなくなります。成長に注力すれば、生殖のための蓄えが疎かになり、結果、収穫は質、量、ともに貧弱になります。蔓が伸びて実が上手く出来ないことを「蔓ボケ」と言いますが、この大事な時に、適切な対処を怠ってしまった訳です。

ともあれ、知り合いの農家に問い合わせ、対処法を伺い(手とり足とり教えてはいただけませんので、正しい処置がなされたかは疑問ですが)、長髪を角刈りにする感じで、8月11日、バッサリとやりました。ササゲには素人である加藤さんからは「随分切ったね。大丈夫かな?もしかすると、正解かもしれない」とコメントされました。
蔓をぶった切りました
教えを乞うた農家から「蔓を摘まめば、花が咲く」と言われましたが、本当に、直ぐ花が咲きました。薄紫の、花弁のしっかりとした花です。
ササゲの花が咲きました
言われたことを半人前にやっている、一人立には程遠い研修生ですが、自分の畑を持った以上は、自分で考え、分からないことは聞き、調べ、計画し、栽培・収穫・事後処理・販売、と行動していかなくてはならないことを痛感しました。

畑が、ちょっと重たく感じられました。
「頑張んべぇ」

8月1日から2泊3日で、気仙沼に行ってきました。

今回の主な目的は以下の2つでしたが、未来への鼓動を感じて帰ってきました。
1)気仙沼おひさま保育園の一員として、はまらいんや踊りに参加すること
2)唐桑に、NPO「森と海の恋人」を訪ねること

おひさまは、私が最初に訪ねた2011年7月時点で20数名だった園児が今70名、そして更に10名増え80名になると聞きました。働くお母さんたちのために出来る限りの自由度を確保しようと先生方が常に努力し、その心意気に感じた全国の方々が自分に出来ることを提供し、楽しく愉快なしかし秩序ある豊かな環境が創られ、口コミによって人が人を呼んだ結果です。
踊る連ちゃんと父兄たち 水分補給するみんな
「気仙沼の人口は減少している。園児も減っていくかもしれない。リスクは大きいが、働くお母さんたちのために、最後の一人になるまで園は続けていく」3年前の理事長の声が、今も私の耳に残っています。おひさまは行政の補助金無しで復活し、成長を続けています。事業者の信念と覚悟が共感を呼び、人の輪が広がっていくからです。人々の緩いネットワークが機能する事業モデルの未来像を、私はおひさまに見ています。

“復興支援“という言葉がありますが、正直、違和感を覚えています。”支援”には、弱者を前提とした縦の人間関係が含意されていると思います。私は、対等の人間として共に生きるための仕組みをどう作るかを模索し、実現させるステージに入ったと考えています。恐らく向こう2年で、今後の基盤が出来上がるでしょう。この極めて重要な時期に、自律的で持続的な生活や事業の仕組みを考えなくて、何をするのだろうと疑問に思っています。

私は、ツーリズムが一つの解ではないかと考えています。繁忙期に手足となる季節労働力を都会から気仙沼に連れていき、海を楽しみ、海の幸を土産とする“労働ツアー”や「森と海の恋人」に書かれている大川の、“源流探検ツアー”等が出来ないか、唐桑のNPO「森と海の恋人」を訪ね、お話を伺いました。
NPO森は海の恋人のある唐桑の海 「森は海の恋人」看板
私が考えていることは現実味に乏しいことが分かった一方で、素晴らしいお話をたくさん伺いました。私のような部外者があれこれ言うまでもなく、既に様々なアイデアが検討され、実現に向けて動き出していることを知りました。未来は確実に生まれつつある、と確信しました。

帰途、石巻に立ち寄り、大川小学校を訪ねました。5月に果たせなかった、裏山の登頂ルートを確認するためです。どれが山道だか、私には分かりませんでした(ブログ「大川小学校に行ってきました」参照)。
裏山への道?
大川小学校裏山入口か

亡くなった方々を想い、過去から離れられない方たちの肩を抱き、明日を創ろうと活動されている方々と手を携え、共に未来になりたいと強く思いました。