FC2ブログ
畑仕事をしていると、いろいろなことを考えます。

草刈りをしていて思いました「これは、殺生ではないのか」と。強い日差しに干からびていく草を見て、何か切なくなりました。生き物の内で、動物を植物に優先させる論理はあるのか。猿は人間に似ているとか、イルカは古代より人間の友だとか、猫はカワイイとか、気持ちは分からないでもないのですが、それで本当にいいのかなと思ってしまいます。蜂蜜は好きだけど、ハチは刺すから嫌だとか。全て人の都合で、自然自らの論理では無いように思われます。
菜の花とミツバチ 菜の花とミツバチの御尻
畑をトラクターで耕していると、ネズミやカエルが跳び出してきて、何か自分が悪いことをしているような気になります。ムクドリやカラスが直ぐ近くまでやって来て、こちらにはお構いなしに悠然と餌を啄んだりしていると「一緒に生きてるじゃん」などと、ちょっと嬉しくなったりもします。私個人の単なる思い込みです。
トラクターに近づくカラス
人間中心主義を止めなくてはいけないのではないか。少なくとも一旦人を離れて、人を単なる一要素として、環境というものを考えてみたいと思うようになりました。そこから、改めて人に戻ってくると、何かとても大事なことが理解できるのではないかと。

人間は森林を破壊し土を耕し農地とし、1年というサイクルで繰り返されるパターンを探り、好みと必要(食料の確保=収量増/気候への適応)から、品種を改良し、自然を人間の世界に取り込む努力を重ねてきました。農業という営みは、徹頭徹尾、人間中心主義です。それは人智の成果である一方、自分たちの都合で自然を切り取り、私たちが感知し理解し得る範囲で上手く行っているように見えるに過ぎないのではないか、という疑問を生じさせます。

野菜、果樹、そして人間のタイムスケールは、地球や宇宙のタイムスケールと同期しません。人智を超えたものがあることを素直に認め、自然を支配しようとせず、耳を傾け肌で感じ、畏怖の念を持ちながら自然と共に在ろうとする心性を育むことがとても大事なように思います。

「自然とは、人間原理を超えて現象しているもの」と写真家、畠山直哉は言っています(「出来事と写真」赤々舎)。

「人間は、人間を超えた何か大きなものがないと生きていくときに元気が出ない」とも言っています。
小麦畑のテントウムシ 小麦_HP名刺使用写真
この言葉、いいなと思いました。
スポンサーサイト



トラクターをいただきました。頼りになる、私の新しい相棒です。

4月22日(金)5時に起き、6時過ぎ練馬出発。節約第一で一般道を藤岡まで走り、9時に畑に到着。お手伝いしている農家から、雑用をして貰うと言われ、伐採した灌木をゴボウを掘り出した溝のような窪みまで運んで、踏んずけ、押し込む作業を1時時間程行いました。その後、場所を変えて、草刈り機で畑の周囲の草刈りをしました。終わったのは、16時。

その30分程前からトラクターを整備し、乗って状態を確認していた農家の方に呼ばれ、草刈りをした5枚の畑を耕すようにと言われました。暫く使っていなかったトラクターを、私に下さったのです(厳密に言うと譲渡ではなく、技能習得と農作業に、私専用でいつでも勝手に使えるという意味です。ご自身は、自宅にある別のトラクターを使っています)。

この5枚の畑、全部で3反程ですが、私のために用意して下さった畑です。未だ、何を植えるか未だ決まっていませんが、もしかすると秋には念願の、私たちの畑で私たちの小麦を植えるかもしれません。
一番大きな畑 畑の相棒
トラクターで耕す 耕した畑
運転に集中しなければいけないのですが、下手くそにトラクターに乗っていて、やっとここまで来たんだな、と感慨ひとしおでした。

お隣に、葡萄棚があります。どんな葡萄が出来るのか、楽しみです。
お隣は葡萄畑
よい葡萄が出来るようであれば、私たちもここで葡萄を栽培し、ワインを作ろうと考えています。
4月、群馬県藤岡市に家を借りました。

2月に畑を藤岡に移し、暫く東京から通ってみましたが、頻繁に畑に出向くことにはどうしても無理があります。また、お金が無いので出費は避けたいのですが、自分たちが藤岡にコミットしていることを示す必要もあり、畑の近くに家を借りました。畑から車で5分程のところです。歩いたら、25分程でしょうか。

東京(都市)と農地を結ぶ仕組み作りであり、家族との生活もあるため、当面は、群馬と東京と半々ぐらいの二拠点生活となります。

4月7日(木)が、初日でした。一日の作業を終え、かき菜を少々切り取って持ち帰り、お米と味噌と鶏舎の鶏が生んだ卵をいただき、食事をしました。自分が育て、作ったものではありませんが、そこで出来たもので食事をするというのはちょっと嬉しい、新鮮な経験でした。瑞々しいかき菜はプリッと艶と張があり、極めて美味でした。
かき菜 取ったかき菜
フライパンのかき菜 炒めたかき菜と目玉焼き
事務所兼塒として使いますが、これから募集する会員の宿泊や休憩にも利用していただこうと思っています。小さな1軒家ですが、4畳半の畳部屋、6畳の板の間2部屋と、風呂、トイレ、キッチンスペースがあります。
藤岡の家
5年にわたる準備期間を終了し、私たちの農業は、事業として展開する第2ステージに入りました。先ずは6月の収穫まで、小麦の声をしっかりと聴き、無理せず、敵対せず、自分を甘やかさず、汗して耕し、販路を開拓し、仲間を増やして行こうと思います。

犬も歩けば何とやら。ふとしたことから、月刊誌の原稿依頼を受けました。毎日フォーラム4月号「日本の選択」p12“都市生活者参加型の新しい農業”と題して私の記事が掲載されました。