FC2ブログ
田植をしながら、考えました。

手間の掛かる、無農薬の手植え、です。現在多くの米農家は、ハウスで育苗し、田植え機で除草剤と殺虫剤を散布しながら苗を田に移植し、草取りは行いません。

何のために、こんなことをしているのだろう。

疑問に思った「こんなこと」とは、5月初旬に露地で育苗を開始し、6月中旬に田植、その1週間後から、はったんころがしを転がして草を取る、約2か月、稲と田んぼと親しみ、格闘した、人的労働依存の大時代な一連の農作業です。

1 育苗
田の土を長方形に区画し、ローラーで固めトンボのようなもので表面を掃き均し、稲の種を撒き、2cm程土を被せていき、「苗間」を作ります。
苗床作りのローラーとトンボ 苗床
これにパイプを使って白い網をトンネル状に被せ、毎日たっぷりと水を掛けます。1週間程すると芽が出て、2週間程すると青く育ってきます。
苗の芽 苗間の苗
2 田の準備
畔シートを止める竹の杭のようなものを、竹を切り、斧で6つに割り、先を削って作っておいてから、畔シートを張り、水を引き、代掻きをして、田の準備をしておきます。
竹杭 竹杭で止めた畔シート
3 苗取り
苗間を作ってから1月程したら、苗間に水を引き土を柔らかくして、育った稲の苗を1本1本、平らな面を親指と人差し指でつまみ、手前に引くようにして摘み取り、束ね、片手に持てる程度を一纏めにして、麦わらで縛り、田植をする田んぼに運びます。
苗取り 苗束
4 移植
植える苗が縦横、30cm間隔の直線に並ぶように紐を張り、移植します。
田への移植 田んぼ
5 田の草取り
移植から1週間程経って、はったんころがしを転がし、草取りをします。
はったんころがしを転がす川口 横姿 はったんころがしを転がす川口 正面
どれも、ずぶの素人には容易でない、骨の折れる、時間の掛かる作業でした。最初は何をしているのか分からず、従ってどこが肝なのか見当つかず、的外れに手足を動かすだけのことでした。ただの時間の無駄ではないかと疑い、非常な非効率だと思いました。

知り合いの、農薬を田植時1回しか使用しない、カメムシに食われ茶色になったものも混ざった米を出荷している減農薬の米農家でさえ「無農薬稲作を見てみたい。本当に出来るの?」と言います。不必要に労力を使った上に収支を黒字にするだけの収量を得られないだろうし、虫害が発生し場合によっては全滅してしまうリスクを何故負うのか、という疑問です。

私も、事業として採算を考えたら算盤に合わないだろうし、リスクを考えたら選択肢にならないと思われるし、安全性を考えてもそこまでする必要は恐らく無いと結論できると思うので、現代農業の在り様として、好ましいが必然では無い、と判断しています。

しかしながら、初めは断片でしかなかったものから、それらが繋がり全体像が見え始めてくると、作業に意味があるように思えてきました。米を作り売る、という意味では現代的な必然では無いかもしれませんが、それは農村の風景であり、文化として継承する必要があるかもしれないと思うようになりました。少なくとも、この体験を経なければ見えなかったものがあるように思います。

それは、効率とは何か。安全とは何か。環境とは何か、について考えるべき課題を実体験したからです。虫や草を取り除く薬品が人体に無害であるはずは無く、副作用の生じる化学物質を利用することが「効率」の真意なのか、「効率」と引き換えに、汚染と排除により生態系を変えていくことが私たちの目指す未来なのか、アブに刺され、草と格闘し、泥に足を取られながらへとへとになるまでカエルと一緒に肉体労働をしていると、数値ではなく自身の問題として「効率」や「安全」について考えるようになります。

文化とは、自分自身の置かれている状況の意味を知る手掛かりのようなもの、かもしれません。

徒に非効率や肉体酷使を推奨する積りはありませんが、「無駄を是認し、ちょっと辛い思いをしながら楽しむ」余裕を持ちたいものです。如何でしょうか。
スポンサーサイト



7月17(日)18(月)の2日、朝食前に農作業をしました。

朝飯前とは、「朝食をとる前のわずかな時間でできるような、たやすいこと(goo辞書)」とありますが、朝食前に農家が農作業を行っていたことから言われるようになったと何かで読んだ記憶があります。夏場は4時頃から明るくなり、日中は暑いので、朝食前の数時間作業をすることは合理的だと思います。

17日は、前日終えるべき田の草取りを終了出来なかったので、その穴埋めに5時半から8時半までの3時間、はったんころがしを転がしました。18日は、手入れをさぼっていたため自分たちの畑がジャングルと化していたので、多少涼しい(既に日差しはきつくなっていましたが)6時半から8時半まで草刈りをしました。
5時半 朝霧の田んぼ はったんころがしとIMAさんたちの田んぼ
畑に出ていた農家の方に「6時くらいから仕事ですか」と聞いたところ「そりゃのんびりとした農家だね。4時半から収穫だよ。夏後半は疲れが出て、遅くなるがね」と返されました。確かに17日、5時過ぎに田んぼに向かう途中、トラクターで畑を畝っていた人がいました。

マイペースでと思いつつ、17日は時間が無くコンビニのサンドイッチで朝食を取り、9時過ぎから19時過ぎまで、午前3+午後4、計7時間、田んぼの土と格闘していました。昼は家に帰り30分ほど寝た(横になっても寝られそうに無かったのですが、攣りそうな感じがしたので布団に移動したら寝入ってしまい、危うくそのまま夜まで寝てしまいそうでした)ので、何とか体は持ちましたが、火曜一日、ふくらはぎと太ももは突っ張っていました。

この大時代な労働集約作業を来年以降続けていくのかどうか、効率や自分たちの体力に鑑みれば答えは自ずと明らかですが、農作業の意味を考えることや文化としての農業を継承していくという観点からは、また異なった結論があるかと思っています。
キュウリ しし唐
18日は、完全なマイペース。2時間汗を流し、取敢えず格好がついたところで家に戻り、朝採りのキュウリを手作り味噌付けて齧りながら、鶏肉たっぷりのうどん、空芯菜としし唐の炒め物、ゆで卵を作って食べました。その後風呂に入って横になり、10時半ごろ畑に行き後処理を1時間ほどして、作業を終えました。

働くことって、何だろう。

負荷として、レーゾンデートルとして、そして生きる楽しみとして。様々な側面観点から、総合していく必要があるのかな、と汗をかき体を苛めながら愚考しています。
7月10日(日)私たちの田んぼの草取りをしました。

先週、体力不足から出来なかった、はったんころがしを転がし、私たちの田んぼの草取りをしました。米ぬかや大豆を撒いていないので養分が少ないせいか、左程草は生えていませんでしたが、先手必勝、あっという間に草が生えるので、縦横株間全てにはったんころがしを転がしました。
はったんころがしを転がす川口_横 our田んぼ はったんころがし
午前9時過ぎから始め12時前に田から上がり、群馬の我が家で昼食とたっぷりの休憩を取って、午後は日差しが弱まり始める15時から夕方18時半まで作業しました。

しなければいけないことはたくさんあり、草との競争なので適時迅速に作業を行わなければなりませんが、何年も何十年(そんなに生きないだろうけれど)も続けていくことを考えると、無理せず自分たちのペースで、一つ一つ片づけていくしか無いと思っています。昨年一年休みなくフルに畑に出てかなりの無理をしたため、一時は箸が持てないほど手が痛み硬直し、歩けなくなるほど腰を痛めました。その場の空気で多少の無理は致し方無いかとは思っていますが、今は、基本的に自分の体を優先することにしています。
our稲たち 田植をしたour田んぼ
10日は、その意味で自分たちの日でした。自分たちの田んぼを自分たちのペースで、ゆっくり整えていきました。農家から見れば「何やってんだ、あいつら」なんでしょうけれど、それでいい、開き直っているわけではなく、出来ることを続け最低限の結果を出す「our田んぼourペース」私たちが目指す農業です。

前日雨の中、午前午後合計6時間ほど、草刈り機で草を刈り、10日日曜は午前3時間草を刈り(田んぼは相棒に任せました)、午後3時間はったんころがしを転がしただけですが、恥ずかしながら月曜、ふくらはぎが突っ張っていました。ほんと、使えませんね。

この夏過ぎれば体が出来ると信じて(手ごたえは無くもないです)炎天下、日焼に勤しんでいます。
土手からの景色
7月2日(土)3日(日)、田んぼの草取りをしました。
はったんころがし
“はったんころがし“と呼ばれる道具を使い、泥の上を滑るように押して表面を耕起し、稲の株間を往復します。生え始めた草を根から除くのですが、稲を傷めないようにぎりぎりのところを通すことに気を遣い、泥に足を取られるため一歩一歩に力を使い、骨の折れる重労働です。
はったんころがしを転がす川口 正面 はったんころがしを転がす川口
2日は、9時~12時、14時~17時、合計6時間。3日は、9時~12時、14時~18時、合計7時間。特に3日は、車の外気温計で36℃となる猛暑。へとへとに疲れました。恥ずかしながら、ふくらはぎに違和感が生じ(朝起きたとき、肉離れしそうに感じました)両足が浮腫んでいたため、4日(月)の作業は取り止めました。

「使えねーなー」都会人のひ弱さを、痛感しました。

とは言え「田んぼは歩くのが容易でないから、大変だろう」「若くても、しんどい仕事だよ」「疲れるでしょう」「頑張るね~」と行き合う人たちから声を掛けられたので、誰がやっても楽な仕事ではないようです。

次の土日には、4日に出来なかった私たちの小さな田んぼの草取りを行う予定です。
僕らの田んぼ 田植え前 僕らの田んぼ 田植え後
田植から一週間、未だあまり草は生えていませんでした。次の一週間で、相当草が生えるだろうと思います。ほんの数日で、びっくりするほど田畑の様子は変わります。