FC2ブログ
6月10日(土)17日(土)の2日、麦を刈りました。

6月より出稼ぎに出ているため週末1回で終えたかったのですが、南の畑と北の畑で小麦の様子が異なっていたため、収穫日をずらしました。
麦秋 南の畑
南の畑を刈った10日には多少緑が残っていた北の畑も、1週間後にはかなり茶色くなり、穂も垂れてきているものが結構ありました(実が乾き緑から茶色に変わり穂が垂れてくることで、麦が収穫時期を教えてくれます)。
麦秋 北の畑
去年2往復10分程度乗っただけのコンバインを使い、刈り取りをしました。30分で出来ると言われたところを1時間半掛けて、なんとか怪我をせず、作業を終えました。
北の畑 刈り入れ前 コンバインを運転する私 横
コンバインを運転する私 前から 北の畑 刈り入れ後
外側を回らなくてはいけないのに麦の間にコンバインを突っ込む(写真左下参照)などした1回目よりは多少要領を得、2回目は、依然として下手くそではありますが、3倍ほどの収量のあった北の畑を2時間程度で刈り取りました。

収穫は、南の畑が1.5袋、北の畑が4.5袋。

刈り取った小麦は軽トラに乗せ、翌日曜日に東京都あきる野市まで運び、知り合いの農家の乾燥機を借り、乾燥させました。
HARVEST on 軽トラ 乾燥機@山崎農園inあきる野市
乾燥機設定 38℃ 水分計 just12 ideal for wheat
乾燥機は下から温風を送るタイプのもので、グルテンが壊れるらしい40℃より低い38℃に設定し、水分量が12%になるまで乾燥させました。乾燥が不十分だとカビが生えるなど小麦の品質を損ないますので、重要な作業です。貯蔵なら14%で好いのですが、製粉するなら12%まで落とさなくては上手く小麦粉にならないと聞きました。

種まきから乾燥まで、なんとか一人で出来ました。

小麦は今、茶箱の中で眠っています。
旨味が乗ってくる秋になったら起こして、ビールになって貰います。
スポンサーサイト



6月10日(土)仲間二人と、ジャガイモを掘りました。

11時集合。夏のような日差しの中、せっせとイモ堀をしました。昼休憩までは、暑かったですね。休憩が終わる頃から雲が出てきて、風も吹き、午後は涼しくなりました。
芋を掘る 芋を箱に入れる川口
芋を掘る伊藤さん イモ掘りました
強い日差しが無くなると、作業は楽になりました。人が楽であることが植物にとって良いことなのか、疑問に思いながら、土をスコップで掘ってはイモを取り出し、また掘ってイモを取り出し、を何十回と繰り返しました。

作業をしていると、次々に疑問が湧いてきます。

ジャガイモの花は、何のために咲くのか。
ジャガイモの花
花は、実をつけるために咲くのだろう。ジャガイモは、地下に実をつける。咲く必要ないのではないか。

種イモは、何のためにあるのか。
固いイモ ぐちゃぐちゃの芋
種イモが固いまま残っていたり、ドロドロになっていたり、一様でない。芽が出て育つための養分を提供しているのだろうが、いつまで必要なのか。根が出た後は、土から養分を吸うのではないのか。

「分からないことばかりだ」「ジャガイモの生理を知る必要があるね」
仲間と疑問をぶつけ合いながら、芋掘りを続けました。

一人で黙々と作業していると、疑問は湧いてきますがそれを誰かにぶつけることは出来ません。仲間といると、解を得られないまでも、問答をすることで更に考えを深められ、解に向けての手順を探すことが可能となります。

私たちの目指している、考える農業、です。

ハーベスト
残念ながら、不作でした。大きさが昨年の2/3程度、数は1/2程度で、概ね1/3程度の作柄です。仲間の意見は、畑が変わったので土に力が無かった、ということです。作業を終えて、お世話になっている農家の畑を覗いてみると、ジャガイモの茎は倍以上に太く、イモも大きく出来ていました。

家に戻り、イモサラダを作りました。
じゃがいもサラダ
手前味噌ではありますが、美味しかった。