FC2ブログ
6月10日(木)ジャガイモ掘りをしました。
収穫前
2回目。収穫作業が完了です。
収穫完了
もう少し置いてもいいかなと思いましたが、晴れの日が続いたので収穫に出かけました。畑に行ってみると、既に茎が枯れ地面に倒れているものもあり、丁度良い頃合いだったようです。気温も月曜から30℃を超えているので、芋に養分を蓄えることが出来ず、掘らずに置いておいても今以上に大きくはなりません。
枯れて倒れたジャガイモの茎
土の湿り気も少なく、掘った芋を1時間ほど陽に晒しておくと表面が乾き、芋堀り日和でした。ちょっと暑くはありましたが、ちんたらマイペースで3時間足らずの作業は、良い運動でした。

一回目の芋堀りから10日ほどですが、かなり大きなものもあり、置くと違うな、と感心するとともに収穫時期を的確に判断することが如何に重要か、改めて認識させられました。
一株イモ7個
一株7個ほどの収量。粒ぞろいで、思った以上の収穫です。
収穫_20210610
バターを使わず作ったコロッケはほんのりクリーミーで、今年の男爵は例年より美味しく感じました。
コロッケ_20120617
スポンサーサイト



6月12日(土)、13日(日)、圃場の石拾いをしました。

土曜一日だけの予定でしたが畑4枚のノルマをこなせなかったので、もう一日ということになりました。二日目は、当初の予定からすると残りの1枚、3時間程度の作業をすればよかったのですが、小さい畑が2枚追加され、半日仕事が一日仕事となりました。

今回は、米袋に石を詰め、重くなったらそこに置き、別の袋に変え、重くなるまで石を拾い詰めながら歩く、という方法で行うよう指示されました。
米袋に詰めた拾った石
効率を最大化すべく、行く度に遣り方が変わっています。
石を詰めた米袋
「重くなったら」というのがどの程度のことなのか全く分からず、両手で持ってやっと運べるくらいになってから圃場に置きました。結構きつい作業なので、その後は袋を片手で持てるくらい詰めたら置いた袋に移し入れ、また袋に少々溜まったら置いた袋に入れ、という動作を繰り返しました。

計測していないので感情論ですが、少し溜まったらどこかに空けることを繰り返す方が、歩くスピードと姿勢を一定に保て、体への負荷が小さい分無理なく作業を続けられるので、場所移動の無駄はあるものの私には効率が上がるように思えました。

作業の効率というのは、結果からの論理で前提を決めることのように思います。当然、個人差が大きい場合、大きな開きが出ます。作業者個々から論理を始めると、前提が異なるのでひょっとすると方法を変えることにより、効率の開きを縮めることが出来るかもしれません。結果の論理で効率的であることが、必ずしも合理的であるとは限らないのだと思いました。恐らく、条件が付くのだと。

同じことを同じようにするためには、作業者の選別が必要になってくるかもしれません。排除の論理ですね。しかし、均一という縛りを解いて全てを見直すことで異なった対応が可能かもしれないな、と思います。

誰の、何の、何のための、効率化や最適化が合理的なのか。
よく考えてみようと思いました。

それと、もう一つ。自分を基準にすると、多分間違える。

そんなことを考えながら、大汗かきながらせっせと石を拾いました。

先月石を拾った圃場に、水が張られていました。
石拾いをした圃場に水が張られていた
そろそろ、田植えです。