FC2ブログ
いつものように朝散歩に出て、帰りに豆腐を買ってきました。ごぼう、ねぎ、にんじん、だいこん、糸こんにゃく、豚肉と煮て味噌で味をつけ、ぬる燗のお酒で一杯やろうとという魂胆です。

昨日は一面凍っていた近所の公園の池が、今朝は一部水に戻っていました。日中気温が上がらないので、明日の朝になると、また池一面凍結しているかもしれません。ちょっとした気温の高低が水を凍らせたり戻したり、全く同じ日はないのだということを改めて思いました。

ふと、“毎日”という言葉の中に人の不在を見て、不安を感じました。日はまた昇り、そして沈む。今日という一日は、個人にとっては繰り返すことのできないかけがえの無いもののはずですが、しかし結局はその他大勢の中に掻き消されてしまうのか。

處世若大夢  世に処ることは大いなる夢に若たるに
胡為労其生  胡ん為れぞ其の生を労らすや
所以終日酔  所以に終日酔い
頽然臥前楹  頽然として前楹に臥す

頽然か。

写真_090118_糸コン汁013_リサイズ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/10-5f0197ba