FC2ブログ
興南高校が春・夏連覇し、夏の甲子園は幕を閉じました。

私は仕事で観戦できませんでしたが、かつて高校球児だった子供が見ていて、内容のある素晴らしい試合だと言っていました。結果からは分からない、よく鍛えられた選手たちの質の高いプレーが随所に見られたのだと思います。

ところで、対戦相手、東海大相模の一二三投手は試合前「つぶれても構わないので全力で投げる」と言っています。前日157球、前々日153球投げているのでこのような発言をしているのですが、体を壊すために試合をしているようなことを未来有る高校生に強いるべきではないと思いました。誰もしませんが、こんなことを言ってはいけない、と実は叱るべきことなのではないでしょうか。「感動をありがとう」では、あまりに無責任な気がします。

これは美ではなく、醜だと私は思います。

より長いスパンで、より他人を魅了しかつ本人が充実できるような人生の戦略をこそ、喜びをもって、皆で共有したいものです。

まぐろをお酢で〆るのをテレビで見たので、挑戦してみました。
塩でいただくのですが、あっさりしていて、結構美味しかった。
〆まぐろ_20100823 6
スポンサーサイト



コメント

詳しい事は知りませんが
日本の高校生は色々な部活をしてはいないですよね
アメリカが良いというわけではないですが
アメリカの高校生は
何種類もの部活みたいな事をしていると聞きました。
日本人むきではないのでしょうが・・・
可能性を広げる意味では
これも有りかなと
以前思いました。

暑い日ばかりですが
お元気でしょうか?
今日で夏休み終わりです。
明日からぼちぼち通常モードに戻れます。
コメントありがとうございます

夏休み
懐かしい響きです
残念ながらここ数年、夏休みらしきものをとっていません

一つのことを貫くことは大事ですが、様々な可能性を試してみることと、偏らず成長していくことはより重要かもしれませんね
成長期には様々な経験をすることが、心と体に必要だと思います

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/103-cf6461b2