FC2ブログ
ちょっと過激なタイルですが、新潮新書の一冊です。

お付き合い頂いている弁護士に勧められ、昨日から読み始めました。未だ30頁ほどしか読み進んでいません。読み終わってから、何か言え!と叱られそうですが、取敢えず一言。

先ず、死刑というものをどう考えるかについて、少なくとも2点考慮する必要があると思っています。即ち、
① 人は他人との関係で対価を求められるものだとして、死には死をもって償う以外に方法はない。
② 被害者は存在しないので、議論も検証もできない。

生き残った者、被害者に親しい者が何を言おうと、それはある意味、周囲の雑音に過ぎないということです。そして殺人を犯したことの無い人たちは、想像において事実、あるいは真実を語ろうとしている、ということです。

今週何とか読むよう努力して、筆者が何を語ろうとしているのか、それについて私が何を考えたか、来週、お伝えします。

市販の豆腐キットみたいなものを頂いて作った、自家製豆腐。
豆乳に、にがりを混ぜ、電子レンジでチンして出来上がりです。
自家製豆腐_20101003 1

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/109-d16aca58