FC2ブログ
日本を取り巻く政治状況が、大きく動いています。

TPP、尖閣、北方領土。いずれも世界の潮流から取り残された日本を再確認させられた事件です。

尖閣の問題はビデオの公開が遅れたため別の事件に発展していますが、そもそも領土問題なので、お互いの主張は平行線です。前提が異なるため、当然議論は咬み合いません。中国からすれば、日本の海保の船舶がうろうろしているのは領土侵犯となります。所有を争うなら、何よりも私たちには市場を失う覚悟が必要です。

北方領土は、ちょっと違うかもしれません。領土を云々する前に、人、生活、経済を地理的に不可分のものとすることが、先決のような気がします。

TPP。加入の必要性はよく分かりませんが、今後の世界はFTAを前提条件としてブロック化するか全世界的な連合を組成するかの二択となるでしょうから、私たちの生活は激変する可能性があります。自助努力による構造変革を戦略的に行えなかった私たちが、溜まりに溜まったつけを払う時が来たように思います。

お土産に頂いた里芋蒸かしました。塩味でさっぱりと。
大伯父と大伯母の顔を思い浮かべながら、一献また一献。
磯部の里芋_201011107 7
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/114-d7d8f15d