FC2ブログ
CSI NYを見ていたら「正義とは良心だ」というセリフに出会いました。

何故殺したのかと質問され「正義を実行した」と答えた殺人犯の女性に対して、殺人を犯したものが罪を償わず生きているからといって、殺された人の知人が犯人を殺すことを正当化できないと調査官が返した言葉です。この言葉を聞き「罪を憎んで人を憎まず」についてもう一度考えました。

社会を作り、国を作り、これを維持していくために、ルールを作った。
人が人を裁く必要が、ここにあります。

「其ノ意ヲ悪ミテ、其ノ人ヲ悪マズ」とは、犯罪を犯した人間にはそれなりの理由や覚悟があるはずだから、その人を犯行に追いやった理由を憎みなさい、という程の意味でしょうか。

ハムラビ法典が普遍的なルールブックだとすると、孔叢子刑論篇は、時々刻々変化する人の世を基軸に物事を良く分析し、考えろ、と相対的規範を説く書として対置できるように思います。

人とは、共同幻想の中で何かに繋がりながら生きて行くものだとすると、「赦す」という視点、行為が重要なのかもしれません。

ベーコンとオータムポエムを塩で炒め、茹でたてのパ
スタと和えただけのシンプルな料理ですが、美味しい
お試しあれ
オータムポエムのパスタ_20110123 7
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/125-3387dca1