FC2ブログ
「大二中を分断する道路計画を考える会」の報告会に参加しました。

練馬の中学校を分断する道路計画に反対する運動の報告会ですが、TBS「噂の東京マガジン」でも取り上げられ、3月6日に放映されています。

報告を聞きながら、何が問題なのか考えました。
以下が、問題点ではないかと思います。
 ①道路は必要か
 ②学区域の設定は適切か(この場所に、各地域の生徒を集める必然性があるのか)
 ③学校の物理的な環境は、どのようなものであるべきか
 ④地域防災・避難の観点から公共の大きな敷地・建物が必要ではないか
 ⑤移転する場合は、農地を転用する以外ない。移転により農地を減少すべきか
 ⑥街づくり、とは何か。明確な概念と計画が必要ではないか
 ⑦地域社会のグランドデザインはあるのか。それは何か

区議会議員や区長候補からの報告、意見を伺いましたが、行政は市民の意見を集約しないとか文書化されていない過去の決定事項を履行することだけに専念しているといった行政の姿勢に対する批判話が多く、具体的なヴィジョンに欠けていたように感じました。

この度の震災は、幾つかの観点から、新しい社会を築かなければならないことを私たちに教えていると思います。今、持続可能な分散型の機能的市民社会をデザインし、創造していく時ではないでしょうか。

具体的な運動を通して、考え、実現していきたいと思います。

今日の朝ごはん。ウインナ入りの卵焼き。
子供のリクエスト。
卵焼_20110410 2

スポンサーサイト



コメント

お久しぶりですね。相変わらず意欲的に世の中と関わっていらっしゃる様子で何よりでした。
今回の地震の後、ストレスかもしれないですが気力がなくなりました。

今週から通常モードに戻してゆきます。

早い物で地震から1ヶ月が過ぎましたね。

コメント、ありがとうございます。

今回の地震は、自分たちを変えろ、というメッセージだと思っています。

1ヶ月経ちましたね。

今動かなければいけないと気ばかり急いて何も出来ず、思いつきでふらふらしています。

子供たちの明日のために、頑張りましょう。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/136-53fb05b8