FC2ブログ
原発事故の風評被害について、よく耳にします。

「ふうひょう【風評】世間の評判。うわさ。とりざた。」(広辞苑より)

私は、この“風評被害”という言い方が気になっています。原発事故の風評被害と呼ばれているものが、事実とは異なる偏見か、根も葉もないうわさか、あるいは一言で片づけるべきでない様々な事柄を含んでいるのか、よく考えてみる必要があると思います。

放射能汚染は東京でも検知されているので、かなり広範囲に広がっていることは事実です。問題は、どの程度なら許容範囲なのか、それは何故か、という疑問に適切な回答が与えられているかにあります。

ベクレルだとかシーベルトといった耳慣れない言葉と数字がたくさん出てきて、何がなんだか分からないというのが、多くの人の本音でしょう。そして、放射能汚染に関する情報とその安全性についての説明を信じていない人もまた大勢いるようです。世間一般の人は状況を全く理解していないか、信頼すべき情報を得られていないと感じています。

不確かな状況に放置されているため不安が不安を醸成している、というのが現状だと思います。だとすると、風評被害という言葉を流布させることが問題の本質を見え難しているのではないでしょうか。

福島の野菜が安全だと言うならば、原子力・安全保安院で働く人、東京電力役員・従業員・OB、政治家、官僚が毎日の食卓で食べ、これは風評被害だと行動を持って打ち消す努力をしたら如何でしょうか。また毎日の食材として福島産の野菜を産地から直接時価で買い上げれば、需要創造し、生産者を危機的状況から救うこともできます。

汚染と向き合い、状況を整理し、出来ることを出来る人達が始め、個別具体的に一つ一つ丹念に解決していくしことが求められています。そして、私たち一人一人が、小さな、しかし具体的な活動を起こしていかないと、これからの生活を守ることが出来ないように思います。

ヴィジョン、行動プラン、そして実行。掛け声は、必要ありません。
今、私たちの力が試されています。


乾燥機野菜第二段、揚げなすの煮びたし
水分を飛ばしておくので、水っぽくならない
干しなすの煮びたし_20110424 6

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/138-b75167a2