FC2ブログ
トリアージ(Triage)という言葉を、ご存知でしょうか。

goo辞書によると「人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定すること。特記すべきとして、優先度決定であって、重症度・緊急度決定ではない。すなわち、人材・資材が豊富にある平時では最大限の労力をもって救命処置され(その結果、救命し社会復帰す)るような傷病者も、人材・資材が相対的に不足する状況では、全く処置されない(結果的に死亡する)場合があるということが特徴である」

現代社会は、資源の公平な分配を正義と規定し、この正義を根本義として構築・運営されています。

しかしながら、トリアージについて考えると、正義は実現しないのではないか、という疑念が湧いてきます。限られた資源をどの人間に用いるべきかの判断がなされる時、その基準は一意に決定できないし、取り残された人の苦しみは永遠に癒されないからです。

この疑念が強迫観念として強く働き、私たちは常に不安定な状態に置かれ、日々を充足していくことが難しくなっているように思います。

家内が、チーズケーキを焼いてくれました。日
常のささやかな喜び。疲れた心が安らぎます
チーズケーキ 3
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/149-bb1c146d