FC2ブログ
昨日、ベルリンの壁建設50年を記念した式典が行われたそうです。

ベルリンの壁崩壊前後、仕事で東ドイツを担当していた私は検問所の一つ、チェックポイント・チャーリーを何度か往復しました。敗戦の結果、戦勝国により市中に勝手に引かれた国境で、西側は米軍が支配していたように記憶しています。これを歩いて越えるのですが、何とも言えない緊張を覚えたものです。

ヤフー・ニュースにこんな記事がありました。
“金融資本主義への嫌悪感から、ドイツでは共産主義の非人道性の象徴だった「壁」を正当化する声さえあるのが実情だ。英国ではマルクス主義を再評価する風潮への警戒感が強まっている・・・独世論調査会社がベルリン市民約1千人を対象にアンケートをしたところ、壁建設について3分の1以上が「東独からの難民流入を阻止し、緊張を安定化させるのに必要だった」と肯定的にとらえていた・・・前駐ロシア英国大使のトニー・ブレントン氏は「金融危機のさなかにあっても、資本主義はより多くの人の生活を豊かにしている。この25年の間に中国の5億人、インドの4億人が極貧から脱出できた。若い世代は共産主義の結末を知らない。共産主義は独裁を導き、多くの人が粛清された歴史を若い世代に伝えるべきだ」と警鐘を鳴らしている”

過去を、過去であるが故に美化してはいけません。共産主義を志向した国々に問題があったことは、事実です。しかし、だからといって資本主義以外に選択肢がないとすることは短絡に過ぎるし、マルクスが答えようとした問いそのものを否定することも出来ないと思います。私たちは、二択の黒白を常に争ってはいない筈です。2万人を超える餓死者を出し続けている今、私たちの明日について、視点を変えて考えていくことが大事なように思います。

過去の誤りは誤りとして風化させず、一方で既存の利害を超えて思考し、新たたな社会を築いていく努力を、私たち一人一人が為さなくてはいけないと思います。

ところで、こんなことをやっている人達もいます「ケニアで実証実験、発電するサッカーボール」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110814-00000301-alterna-soci

気仙沼のあばさんに教わったレシピで漬
けたキューリ。カラシと塩と砂糖で味付け
するのですが、中々に美味。お試しあれ
気仙沼キューリ漬け_20110814 7
お知らせです。
底上げJAPAN活動報告会
「東日本大震災」から5ヶ月以上が経ちました。
震災後から被災地に入り支援活動を続けてる底上げJAPANのヒロが関東に戻ってくるので
今までの活動報告と被災地の状況についてお話してもらおうと思います。

■日時:
8月27日(土)19:00-22:00頃
■場所:
cafe Stay Happy
世田谷区代沢2-269-14-2F
http://cafestayhappy.com/
■Food Charge:
1000円
■活動報告:
Hiro(底上げJAPAN)
■Live:
Maa(Muff)&Vangvang
Kosato
■Candle Decoration:
AKARiYA

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/155-bc322a0f