FC2ブログ
吉本隆明の発言を基に、原発について考えてみました。

「知識や科学技術っていうものは元に戻すっていうことはできませんからね。どんなに退廃的であろうが否定はできないんですよ。だからそれ以上のものを作るとか、考え出すことしか超える道はないはずです」と吉本隆明は言っています。「核燃料が肉体には危険なことを承知で、少量でも大きなエネルギーを得られるようになった」科学と技術の成果を所与として、私たちの生活は成り立っています。先ずは、ここがスタート地点だということを、確認する必要があります。

エネルギーを大量消費する生活を放棄する意思のない現代社会において、この数十年、原発が有力な選択肢であったことは間違いないと思います。事故が起きなければ、原発から日々送られて来る電気を、私たち都市生活者は何も考えずに使い続けていたことでしょう。常に豊かでありたいから。

賛成、反対を唱える前に、問題の本質を問うことなく、今日の消費と利便性を最大化することのみを優先し、リスクを視界から消し去ってしまう私たち自身の在り様を見つめ直すことに暫く時間を使いませんか。でないと、結局、同じことの繰り返しになってしまうような気がします。

被災地の子供に送ろうと思い、クッキーを
焼きました。素人の美味しくもない手作り
菓子を貰って、誰が喜ぶのかと家族から
窘められ、我が家のおやつになりました。
クッキー_20110822 6
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/156-7d037ed7