FC2ブログ
NHKの番組「二人の旅路‐日中 激動を生きた京劇夫婦」を見ました。
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=1320110824

中国人の母、日本人の父との間に生まれた残留孤児の女性と元京劇スターのご主人が、天安門事件の後日本に移り住み、20年ぶりに帰郷したことを追った映像です。

侵略者の血を引いたことと、一人子育てをする母のため、自分のために懸命に生き、京劇のスターへの道を歩むが、却ってそのことで人目に付き妬みを買ったが故に、戦後と文革の時代を通して迫害に遭い続けた妻。「築き上げた地位と名誉「国家一級俳優」の座を捨て、妻を守るために20年前、日本へ移住した」夫。

人生の全てである京劇を投げ捨てて共に日本に渡り、暮らしている夫に対して、常に罪の意識を感じられていたようです。「常に退路を断ち、前に進んできた」と語られる時、強く私の胸は締め付けられました。

一方、ご主人の明るさ。そして奥様と一緒に生きていることが何より大事だ、とおっしゃる、その覚悟と暖かさに、強く打たれました。

奥様は、人生は小さな選択で変わっていく、ともおっしゃっていました。

遠く離れた父(そのころウルグアイに住んでいらして、日中国交回復後、文通されていましたが、結局お会いすることは叶わなかった)に手紙を書かなければ、海外に手紙を出すという目立った行為をしなければ、出国する直接の原因となった二度目の迫害は起きなかったかもしれない。そんなことを伝えようとしたのでしょうか。

自分の力の及ばないところで、日常が決まっていく。大きな決断では無く、小さな選択が人生を変えていく。こんなはずじゃ、なかった。その中で、何を求め、何を為していくか。

成功や失敗では無く、意思と覚悟が人生を創っていくのだと思い、静かな感動を覚えました。

新宿で行われた、震災避難者の方々主
催の集い。唄は心を開く。お手伝いで行
ったのに、楽しませていただきました。
皆さま、お疲れさまでした。
まげねど・がんばっぺ東北のつどい_20110826 3
まげねど・がんばっぺ東北のつどい_20110826 4
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/157-e10a4332