FC2ブログ
17日、同窓会。19日、恩師の墓参り。母校を想う数日を過ごしました。

今年は、恩師の7回忌。卒論を出し渋っていた私に「お前に、うろうろされると迷惑だ。白紙でいいから名前を書いて、さっさと出せ。通してやるから」と言われ、必死で抗議し、やっとのことで5年目在学の権利を勝ち取ったことを、懐かしく思い出します。

こんな不出来な奴に、卒業後、先生は優しかった。
毎度暗い顔してご自宅を訪ずれる私に、嫌な顔一つせず、お相手して下さった。

そして5年前。先生を偲ぶ会が大学で催された際、卒業生代表で何か言えと研究室から話を持ちかけられ、恥を知らない私は断りもせず、極めてプライベートな短い話をしました。1週間唸って、やっとのことで原稿を仕上げたのですが、その時初めて、学校に行ってよかったと思いました。ふざけた話ですが、大学の5年間は全くの無駄だとずっと思っていたのです。薄っすらとした記憶の中を懸命に先生の姿を探していたら、耳元を通り過ぎて行った先生の言葉が、実は、深く私の精神を形作っていたことに漸く気づきました。

以来、年に一度先生と話をするため、気の置けない仲間を誘い、大学の一室で数時間過ごしています。
今年は奥様のお伴をして、お墓まで行ってきました。久しぶりに奥様の笑顔に接することができて、とても楽しかった。

私にとって大学とは、先生とその周辺。極めて限定的なもので、そこに繋がらないものは一切存在しないも同然でした。しかし、先生が亡くなられて学校という広がりを考えるようになり、よく見知っていたはずの風景は、異なって見えてきました。

今年、幼稚園から大学まで、大学卒業年次で換算した同期卒業30年の同窓会の幹事を引き受け、17日(土)無事、終了しました。

たかが同窓会なのですが、それまで全く面識の無かった大勢の人達と半年、打ち合わせを重ね、アイデアを出し、意見をぶつけ合い、30年という時間の経過をタイムスリップするための、各々が持っていたおぼろげなイメージを式の次第に具体化していく創造的なプロジェクトに、暫しエネルギーを注ぎました。

当初は誰も考えていなかった、ピアノ演奏によるウエルカム・ドリンク、同期の野口久和バンドのポップなミニライブ、そして会場に入りきれない程人が集まり、大盛況だった二次会。

楽しかった。

多くの異論、異見を表立って口論することなく、呼吸を合わせながら纏め上げていった素敵な人たちとの出会い。母校という心象風景の、新しい1頁です。

昨日、ご先祖様の墓参りに行ってきました
伯父さんの育てた小豆ともち米で、伯母さ
んが作った、おはぎ。めちゃくちゃ、うまい。
磯部の伯母さんのおはぎ_20110925 3
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/161-8affc6f7