FC2ブログ
11月18日(金)からの3日間、東北、気仙沼で見、聞き、考えたことについて書いてみます。

瓦礫の処分が随分と進み、片付いたな、というのが第一印象です。
でこぼこだった道路も整備され、車での移動が楽になりました。
気仙沼_20111118-20内の脇 2


港に寄港する船が、増えました。船上や港に漁師さんたちの姿を見ると、人のいる風景はいいな、と改めて思います。
気仙沼_20111118-20港の朝・漁船


仮設店舗・復興屋台村がプレ・オープンし、街は7月に比べると活気づいています。はまらん焼(魚介の入ったお好み焼き。魚の街だなと思う)を食べ、焼酎を飲み、その後、別の店で餃子をいただきました。はまらん焼屋のおかみさんが「頑張ろうと言われても空しいだけだけれど、こうして店を出し食事を提供できると、やる気が出てくる」と言っていました。人には活動の場が必要だ、と強く思いました。
気仙沼_20111118-20復興市場


気仙沼港から車で20分程の距離にある唐桑半島で行なわれた、からくわ復興感謝祭「起ち上がろう唐桑」に行ってきました。恒例の「リアス牡蠣祭」を名前を変えての開催です。地域の名産品、牡蠣の養殖が復活するまで、この名称で毎年続けていくとのことでした。加藤実行委員長が「恵みを与えてくれる豊穣の海を初めて怨みました・・・牡蠣がなく祭の実現が危ぶまれましたが、近海水揚げのメカジキと定置網で獲れた鮭により今年も祭を行うことができました・・・悲しみ、苦しみを忘れ、楽しい一日にしましょう」と挨拶されたのを聞き、多くの人たちの想いが力となり、地域を動かしている姿にちょっとした感動を覚えました。

大漁旗のある祭りは、中々いいものです。
気仙沼_20111118-20唐桑祭り


祭で「けっから」というフリーペーパーの創刊予告編が、配られていました。そこに「ボランティアにも見返りは必要だ」「関係の継続のためには、なぁなぁの関係じゃダメ。そこはビジネスですよって」とボランティア学生を大勢、自宅に宿泊させてきた盛屋水産のおかみさんの言葉が紹介されていました。無償の行為は美しい。しかし、余裕が無ければ出来ないし、継続させることは難しい。刹那的な自己満足ではなく、未来をシェアしようとする意思とそれを支える仕組みが必要だと、強く思いました。

市役所のある通りで、ユネスコ主催の小・中学生が描いた絵の展覧会が開かれていました。自分たちの生活とは何か、被災は当たり前だった日常を見つめ直す機会となったようです。どの作品も生活に対する愛情に溢れていて、明日への想いが確かな手ごたえとしてここにある、と感じました。
気仙沼_20111118-20展覧会の絵

私たちがすべきことは復興ではなく”新生”なんだろうとぼんやり思いつつ、気仙沼を離れ、東京を目指して車を走らせました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/170-334529f6