FC2ブログ
檜原村へ、ジャガイモ掘りに行ってきました。

今年は、育ちが悪く、小ぶりです。冬が寒かったため、春になっても土がなかなか温まらず、その影響が作柄にでたようです。檜原に限らず、他所でも同様の話を聞きました。
じゃがいも堀り 収穫
生きるものを相手にする農業は、遺伝によって担保されたクオリティを、様々に変化する気候と土壌の下で再生産する作業です。昨年と今年と、昨日と今日と、全く同じには出来上がらない。

嗜好を映す市場に出荷する商品としてみれば、小さいジャガイモは価値を持たないでしょう。しかし、命を育む大地の恵みを、そのような視点で捉えるべきなのでしょうか。土を耕し、種芋を植え、草を取り、土を掘り起こし、自然の実りを手にするとき、形状は個性にしか見えません。

茹でて、そのまま食べる。小ぶりでも、美味しい。素材の良さが、口に広がります。
ジャガイモ茹でました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/197-76cd0b39