FC2ブログ
先週お休みしたオギノエン・ファーム。この日曜は、一日お手伝いをしてきました。

いつも通り家を出たのですが、朝ボ~ッとしていて、バス停を2つほど乗り過ごしてしまいました。バスの本数が少ないため歩いて戻らなくてはならないので、時間には遅れるし、かったるいし、こりゃ参ったなと思っていたら、来月気仙沼で行う指編ワークショップの打ち合わせの電話が入り、オギノエン・ファームに着いた辺りでちょうど終了。あくまで私個人の都合ではありますが、却ってよい結果となりました。分からないものですね。

さて、農園。畑は、秋に向かって主役が交代します。大根、秋ジャガ、菜種。晩秋から冬、更には来春に収穫する野菜の登場です。

大根の種を蒔いた後、虫除けにアセビを小麦などと煮、干して固めたものを置いていきます。コオロギが、芽の出るころの柔らかい大根の根を食べてしまうそうです。これを防ぐのに農薬ではなく、匂いで誘い、ちょっと痺れるアセビを使うのですが、はあ、有機農業ってこういうことなんだと、作業を通して直接体で理解したように感じました。

アセビの虫除けを容器に入れ、首から下げ、種と種の間に置いていきます
籠に入れたアセビ アセビのコオロギ避け
アセビの木です
アセビの木
置き終わったら、網を掛けて出来上がり 
大根畑に「アセビのコオロギ避け」を置きました 大根畑に覆いを被せました

日々、是学習。農園は、学舎です。
生きていくということは、学び、環境に対処していくことだと感じた一日でした。

おばあさんは、黒ゴマの葉を落としていました。農事は作物を育てるのも大変ですが、収穫後の処理に手間が掛かるのです。刈取り、葉を落とし、乾かし、種を取出し、洗い、干す。農家の手間と知恵が、豊かさを育みます。
おばあさん_ゴマの葉毟り 2 葉を落としたゴマ ゴマを干しています
スポンサーサイト



コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/206-db2cbd9f