FC2ブログ
昨日は、雨。昼時の気温が、15℃。午後雨は上がりましたが、肌寒い一日でした。

雨の日は雨の日の仕事があると荻野さんが言っていたので、今日はどんな仕事があるのだろうと楽しみにオギノエン・ファームを訪れました。与えられた仕事は、ぼかし(米糠と菜種油を混ぜ発酵させた有機肥料)をふるいに掛け、袋に詰める作業でした。

ぼかしの塊の山にスコップを突っ込み、ふるいに移し、ローラーの上で前後に揺すり、粉状にしていきます。何度も何度も繰り返しているとぼかしの粉が山になるで、これを袋に詰めます。ちょっと寒いな。上着が欲しいと思いながら作業を進めているうちに、汗が出るほど体は熱くなりました。

ローラーにふるいを載せ、ぼかしの塊をふるっていると、粉の山が出来ます
ふるいを載せるローラー ふるったぼかしの山
成果物。ぼかしの粉15袋
ふるったぼかしを詰めた袋

作業をしていると、何かが落ちる音がしました。
カサッと、土を柔らかく叩く音。作業場の前の栗の木から、栗が落ちたのです。
栗の木 落ちた栗 2   
その瞬間、「ああ、秋なんだ」と体が感じました。

季節感とは、本来、五感でダイレクトに感じる自然と一体になる感覚で、店頭に並んでいる栗を見て、買って味わうものではないのだな、と思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/208-b795d3a5