FC2ブログ
さみどりの新しい命が、木々を彩り始めました。頬を通り過ぎていく空気がすがすがしく、思わず微笑んでしまいます。歩いていることがそれだけで愉快。春が来たようです。

メタボ対策に、通勤途上、朝一駅歩いています。行程、40分弱。途中小さな池畔を暫く行くのですが、ここに柳があります。柳のやわらかな緑を遠めに眺めながら朝日を浴びることが、ここ数日の楽しみです。

実は、柳とは幽霊の出る場所ぐらいにしか思っていませんでした。ところが、一年前のある日、不図緑芽吹く柳の木々が目に留まり、きれいだな、と思いました。その下を通る際に、柳のさみどりが私の体をやわらかく包んでくれるような感じがして心地よく、暫し心が和みました。

明盲。目を開けているだけで、実は何も見ていない。見えていない。50年も気付かなかったなんて何と愚かなと思う一方で、美に出会うことのできた自分を幸せだと思いました。

090329_厚揚げ
スポンサーサイト



コメント

新しき 欅の緑 萌えいでて
思索の道の 天蓋となる

これは、初台の遊歩道を歩きながら(通勤途中に)詠んだ歌です。
> 新しき 欅の緑 萌えいでて
> 思索の道の 天蓋となる
>
> これは、初台の遊歩道を歩きながら(通勤途中に)詠んだ歌です。

何時もありがとうございます。

何度かコメントをいただきながら、大変失礼をいたしております。どう返答しようか、悩んでいるうちに時間が過ぎ、ついそのままにしてしまいました。申し訳ございません。

まずは継続を第一に、少しでも長く続けていこうと思っておりますので、今後とも宜しくお願いします。

詩をいただいたので、お返しをしたいのですが、才無くお許しください。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/21-79e17842