FC2ブログ
月曜日、落ち葉掃きと大豆の天日干しをしました。

落ち葉を熊手で集め、背負い籠に入れ、運ぶ。単純で誰でもできる作業ですが、とんでもなくきつい重労働でした。掃き集めた落ち葉を籠に入れ、これを足で踏み固めることを数度繰り返し、籠いっぱいになると20mほど歩いて保管場所に移すことを2時間行っただけなのですが、情けないことに今日まで疲れが抜けませんでした。
落ち葉 踏み固める3 
籠が、背負えないのです。ビール瓶のケースを置き段差を作り、その上に籠を載せ、籠に潜るようにして腰の辺りに籠を当て、ゆっくりとしかし渾身の力を込めて上半身全体を地面の方向に移動させながら背負い、足腰を踏ん張って立ち上がります。運ぶ際は、かなり腰を折り前屈みになって歩きます。手を軽く前に伸ばさないとバランスが取れない感じで、都会人の足はふらついていました。籠を降ろす際も、静かにビール瓶のケースに置き、その後腕を背負い紐から一つずつ外しました。

籠一杯分の落ち葉。籠を逆さにしただけでは落ちないので、手で掻きだしました。
落ち葉一籠分
落ち葉は堆肥にもしますが、山羊の餌にもなるそうです。

収穫した大豆は水分を含んでいるため、貯蔵する前に天日で干して乾燥させます。こうした手間が、食べ物を更に美味しくするのですね。切干大根も一緒に作っていました。
大豆の天日干し 切干大根 

陽が落ちた後、タヌキが大豆を食べようと農園に来ていました。
みんな、美味しいものには目が無いようです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/217-b2708179