FC2ブログ
ニンニク畑の草取りと小松菜の種まきをしました。

畑のニンニク。初めて見ました。
ニンニク畑
農薬を使わないので、草取りは手仕事です。人の手数で、安全を担保します。

小松菜の種まきは、種をお茶碗に入れ、高台を畑に押し付け土の上に円を描き、目見当で円周を5等分して種を5つ置き、土を被せて完了です。
5角形 種蒔き 種まき 
種をまき終わったら、⋂ 型の金属パイプを地面に刺し、ビニールを被せ、ミニ・ビニールハウスの出来上がり。土と野菜を、寒さから守ります。
ビニールハウス
小松菜の種。青色なのに、ちょっと驚きました。
小松菜の種 茶碗 これ
どうやら、コーティングしてあるようです。種の袋を見ると「チラウム、キャプタン処理済」と記載されていました。チラウムもキャプタンも殺菌剤です。チラウムには、鳥が突くことを忌避する効果もあるようです。

畑で農薬を使わないから「無農薬」、とは言えないのかもしれません。

作付前(種子)、畑作中(圃場での作付・収穫)、出荷前後(収穫後処理=所謂ポスト・ハーベスト)。それぞれの段階で何が行われているのか事実を確認し、私たちは実際に何を食べているのか、をよく理解することが重要なのだと改めて思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/226-9842920f