FC2ブログ
先月のことですが、キッズROOMおひさまに行くまで、朝3時間ほど街を歩きました。

6時に市役所前に到着した後気仙沼駅に行き、BRTに乗って2駅10分程揺られ南気仙沼で下車。南気仙沼小学校跡、南気仙沼駅跡、気仙沼港、南町仮設商店街と歩き、気仙沼駅に戻りました。

南気仙沼小学校跡。被災直後、避難した子供たちの命を守った校舎、その後スクラップの山となった校庭は、今、「昭和五十六年三月吉日」と刻まれた祈念碑を残すのみで更地となっています。今後、仮設住宅に住んでいる方々を受け入れる集合住宅が建てられると聞きました。
南気仙沼小学校 気仙沼小学校跡 斜め 
南気仙沼駅跡。線路は切断され、駅は駅でなくなりました。
東気仙沼駅_201107 東気仙沼駅_201302 
今、線路ではなく道路を走るBRT(Bus Rapid Transit=バス高速輸送システム)が人々の足となっています。
線路 BRT 2 

私は友人の提案に従い、3.11の後、それまで訪れたことの無い気仙沼に行き、泥掻きをしました。そこで“キッズROOMおひさま”と出会い、年に何度か訪ねるようになりました。
昨年からは、忙しい先生方に代わってブログ(http://ameblo.jp/megfinn/)を書いています。

少々大げさな言い方をすれば、気仙沼は生活の一部となり、私の気仙沼は、偶然から必然に変わりました。

全てを一瞬にして喪い、大きな空洞を内に抱えながら時の流れに耐える試練を受けていない者に何も語る資格はありませんが、自らの生活のほんの少しでもいいから同じ時間を生きている仲間のために使い、地域を超えたネットワークを作り、今を生きる皆で新しい社会を創っていくことが「復興」ということの意味ではないかと思っています。

片づけは略終わり、これからどうするかを決める極めて難しい時期に差し掛かった今こそ、私たちは、よく考え、力を合わせ、明日を建設していかなくてはならないのだと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/229-261d6ed7