FC2ブログ
作物は畑で育ちますが、農作業は畑に出る前の事前準備が大事です。

農業とは手が汚れる肉体労働だ、と考えている人が多いのではないかと思います。意外や実際に畑仕事をしていると、実は技術であり科学であることがよく分かります。例えば、肥料。土壌から養分を得た作物を食料として収奪する行為が農業なので、土壌を回復させなければ食糧供給を持続出来なくなります。養分補給のためにそのメカニズムを解明すること(科学)と効果的かつ有効的に対処すること(技術)が、求められるのです。

日曜日、“ぼかし”作りの手伝いをしました。ぼかしとは数種類の有機質に微生物資材を入れ発酵させた肥料ですが、アミノ酸で吸収させるため肥効が早く、土壌中の有効微生物も多くなる、即ち早くよく育ち、美味しく日持ちのする作物を作り、土を豊かにし連作障害が減じる、スグレモノです。

オギノエン・ファームでは、フスマ1t、米糠1.3t、圧搾菜種カス2tに糖蜜、EM活性液、納豆菌を混ぜ希釈した水1.5tを含ませ、45日程度寝かせて作ります。
フスマ+菜種かす 米糠   
美味しくて安全な野菜は、人が体を動かすとともに頭を使い、種蒔以前から時間を掛けて育てた後に、台所に届けられるものなのです。

表と裏。同じ畑で収穫された、小麦(6月収穫)と大豆(10月収穫)で調理パンを作りました。茹でた大豆を砕きカレー粉で軽く煮て、餡にした揚げないカレーパンです。お試しあれ。
焼けました カレーパン
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/233-29292686