FC2ブログ
おひさまに行って帰っての短い滞在でしたが、気仙沼を訪問しました。
 
10月18日(金)の夜、鉄道で塩釜まで行き、一泊。翌19日(土)朝6時に塩竈を出て、借りた車で気仙沼に向かい8時半過ぎに到着。10時からのワークショップまで多少時間があったので、鹿折とフェリーターミナルや屋台村のある南町に立ち寄り、少し歩きました。12時半過ぎにワークショップを終え、再び鹿折を経由して南町で車を駐車し、復興屋台村で昼食をいただきました。その後、南気仙沼駅跡、泥掻きをした内ノ脇に寄ってから帰りました。
 
港は、きれいに片付いていました。フェリーターミナルは一部陥没していた個所が修繕され、大きな災害があったことを今の景色から想像することは出来ません。ターミナルに在った大きな建物は取り壊され、観光客向けの無料駐車場になっていました。寸断された線路は取り除かれ、道になったり、草が生えていたりしていました。気仙沼の象徴であった、あの陸に上がった大きな船も解体が進んでいました。
船解体の案内 船の解体
船の解体 遠景 船の解体 現場入口  

偶々だったのでしょうが、人が少ないな、と感じました。
 
何となく、人の気配の希薄な、さびれた街に見えました。昼駐車場が一杯だったらどこに車を停めようか気を揉んでいましたが、ガラガラではないにせよすんなり駐車できましたし、昼時に訪れた鹿折の復興マルシェも南町の商店街も、人影はまばらでした。
鹿折マルシェ 復興屋台村              
街は道路と建物の集合物だと思い込んでいましたが、人と人々が出会い集う場所なのだ、と気付かされました。
フェリー乗り場 南町
人は人を呼び、手を繋ぎ肩を組み輪となり、やがて歌い踊る。目印を立て、旗を掲げ、広場を作り、市を営み、笑い飲み食べる。

どうしたら賑わいを呼び込むことが出来るのか、私には分かりません。ただ、全国から人と物が真心と一緒に集まってくる、行政、即ち補助金と規制から距離を置いたおひさまの事業運営に、ヒントがあるように思っています。

人と人との信頼のネットワークをその礎とし、規模を求めず、多様化(異なる個性が必要に応じて貢献)することで結びつく。そんなイメージです。

2011年11月、初めてのワークショップをお願いしたJMAAの竹本さんから、園児の画を東京で展示したいという相談を受け、おひさまとの橋渡しをした後、また行こうということになり、今回のワークショップは実現しました。

昨年指編みのワークショップを開いてくれた、アニメ作家のちからさんを通して知り合った塩竈の高田さんから、車をお借りしました。高田さんは、あるNPOの活動と連携し、東北の足として車を一台管理しています。
Buggy.gif Buggy お店の入り口
帰りに立ち寄った海鮮丼屋さんは、園児のお母さんのお店です。どんぶりから魚が飛び出しそうな、盛りと活きのいい美味しいお昼ごはんをいただきました。
          
2年前は、やたら力瘤をためて、オレがオレがと呼ばれもしないのに出張っていったように思います。今は、人の繋がりが私を動かしているように感じます。

信頼の輪が機能するとき、新たな社会が可能になる予感がします。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/261-5d52cb11