FC2ブログ
えびす様の日、オギノエン・ファームでパン作りのワークショップを行いました。

先ずは、石臼体験。石臼の構造について学んだ後、オギノエン・ファームの畑で育て、収穫した小麦を手で挽き、粉にしました。  
石臼解体 石臼挽き

その後、下準備を済ませておいたパン種に、荻野さんの奥さんとお母さんが愛情を注いで育てたさつまいもやゴマを混ぜて成型し、荻野さん手作りの石釜で焼きました。
パン生地の感触を楽しむ女の子 パンを作りる女の子2 成型したパンを嬉しそうに挙げる男の子
アンパンマンぱん種 薪の炎 アンパンマンパン
食事1 ワンちゃんパン 食事2

スタッフの私は、3時間石釜の前に陣取り、薪をくべ、ひたすらパンを焼きました。ワークショップは、体験の場です。今まで、自分は裏方で体験は参加者がするものとばかり思っていましたが、実はスタッフの私もまた体験をしていて、ワークショップとは、作業を通してその場にいる全ての人が協力して目的を実現していく体験の総体なのだ、と考えるようになりました。
茶工場の三和土で寝転ぶ男の子 落花生を持っている男の子  
荻野さんが「うちはワークショップをやっているので、料理教室ではない」と言っていました。生活が細切れにされ、商品化され、生きることの実態が見えにくくなっている私たちに、オギノエン・ファームは生活の根源にあるものに触れる機会を与えてくれます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/265-130d16be