FC2ブログ
先月のワークショップ翌日のことになりますが、大豆の収穫を行いました。

荻野さん、奥様と私の3人。私が草刈り機で大豆の茎を切り、奥様がそれを集め脱穀機まで運び、荻野さんが脱穀するという、分業。丸1日、日の暮れるまで行い、米袋17袋分、400kg弱の収穫がありました。

4時半になると日が暮れ、暗くなってきます。それまでに終わるかひやひやしながら作業を急いでいましたが、無事終了。ホッとしました。大豆は小麦の裏作に植えているので、畑を空けないと小麦の種を蒔けません。時間との闘いです。
大豆畑 刈った大豆を集める 畑のダイヤ?脱穀した大豆 収穫
その翌々週、つまり先週ですが、私の他に助っ人が二人来て、麦ふみ、じゃがいも堀り、白菜の頭縛り、ヤーコン堀り、ごぼう堀りをしました。
麦踏 山口さんと荻野さん 白菜の頭縛り じゃがいも 2
人手があると、仕事が捗ります。

管理者の指示に従い、粛々と、しかし時に話をしながら手脚は止めず、繰り返しではあるが機械的でない、人の仕事に汗をかき成果を楽しむ。効率とは、本来こういうことを言うのではないかと思いました。

必要な時に、適切な数人手が揃い、それぞれが分を弁え調和し、時に協業し、時に分業し、作業を進めていく。それが「仕事」と呼ばれる、人の時間の過ごし方なのでしょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/267-8ca970cd