FC2ブログ
15日、日曜日。ご飯が、本当に美味しい日でした。

朝、大学時代のクラスメートの優しい歌声を聴きながら、農園に向かいます。小林明子の「勇気をあげたい」。友が直ぐ近くにいて、声を掛けてくれているような気がします。

気持ちよく農園に着き、作業開始。「絵本」「ひかりごけ」「永遠なる序章」等々、暗い話を一人読んでいた引籠りの私を“世話好き”と勘違いしている大学時代のクラスメートとそのマラソン仲間、異国で憂鬱に仕事をしていた時に職場で一緒だった今は銀行マンとなっている後輩、そして1年前まで同じ職場にいた山男。初対面の4つの個性が、私、荻野さんご一家と、みんな一緒に一つの仕事を行う「麦ふみの会」2回目の集まりです。メニューは、麦ふみと落ち葉掻き。
麦ふみ 葉っぱの山 みんなで落ち葉拾い
午前の仕事を終え、荻野さんご一家と食卓を囲みます。お昼。石釜で、パンとリンゴを焼きました。それにロールキャベツ、野菜汁、だいこんの梅酢漬、柚子の砂糖漬、奥様手作りのベーコン。美味かった。暖かな陽だまりに一仕事を終えた笑顔が集い、心のこもった料理をいただく時、舌が味わうというより体の内側がゆったりと心地よく満たされていくような、安らぎと喜びを感じます。
テーブル 食卓 焼きたてパン
食卓を囲むということは、何とか料理をサァー食うぞという構えたものでなく、笑顔と優しさに包まれた心と体の滋養の時間を共有することなのだと思いました。

午後、再び落ち葉掻きをしてから帰宅し、夕飯を食べたのですが、いつもの鍋がひどく美味しく感じられました。

心の通った仕事をし、満たされたことで美味しい食事をいただけた、とても幸せな一日でした。

焼きリンゴの素 ファイアー 焼きリンゴ
とろっとろの、焼きリンゴ。リンゴにバターとメープルシュガーをまぶし、炭火でゆっくりと焼き上げる うまい! 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/268-4d90d079