FC2ブログ
雨のため「麦ふみの会」を中止としたので、日曜の朝をゆったりと過ごしました。

久しぶりに少し時間を掛けて新聞を読みましたが、6月28日、発生から100年を迎えた「サラエボ事件」を記念する式典が行われるとの記事に考えさせられました。ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ市当局がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を招き、オーストリアとの和解をアピールする記念式典を開く一方で、これに異を唱えるセルビア人側は、オーストリア皇太子夫妻を暗殺したセルビア人民族主義者ガブリロ・プリンツィプを賛美する式典を開くという記事です。ボスニア・ヘルツェゴビナは旧ユーゴスラビア連邦から独立した国で、クロアチア人、ボスニア人とセルビア人の3民族より成り、国家元首は、3民族の代表者が8カ月毎に輪番制で勤めています。

セルビア人民族主義者を「解放者」とするか「暗殺者」と観るかによって、相反する立場に分かれます。伊藤博文を襲った安重根、のことを考えれば分かりやすいかもしれません。

サラエボ市の式典会場は、ボスニア内戦(1992~95)の際に焼け落ち、今年5月に再建された国立図書館で、銘板には「セルビア人犯罪者の手で焼け落ちた」と書かれているそうです。これにセルビア側は反発し、式典には応じないとのことでした。

平和を戦争の対義語ではなく、次元の異なった新しい概念を表象する言葉にしなくてはいけないように思いました。戦争の世紀から平和の世紀へ進みたいのならば、私たちは心の闇をさらけ出し、相反する利害や感情を持つ人たちの間で闇を共有し、向き合い、監視していく強い意志を持たなければいけないと思います。

武力行使を前提としたオレがオレがの国と国との関係性から、他国のモノサシでいったん考えた上で共に生きていくための現実解は何かを求める、過去の遺恨を水に流し、未来を志向する意志と普段の努力の共有へと、私たち皆が進化する必要があるのではないでしょうか。

ロシア人の知人から紹介された、1999年コソボ紛争時、NATOの空爆により被害を受けた時のセルビアの写真を見ると、心が締め付けられます。
1999@serbia_time of NATO bombing
彼女は今、何処で、何をしているのだろう。
私たちは、私たちの未来である子供たちのために、義務を果たしているのだろうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/296-912f4136