FC2ブログ
約束した時間は、守らなければいけません。

加藤ファームに通うことになって2日目、9時に伺う約束が、8分遅刻してしまいました。その日は、車で30分程掛かる狭山市の畑で作業をしたのですが、危うく取り残されてしまうところでした。

「来ないかと思った」

基本ルールを守らなければ、人は信頼を得ることが出来ません。当たり前のことです。支度を終えていたトラックに謝りながら飛び乗り、車中、愚かな自分を唯々見つめていました。

畑に着くと、トラクターを降ろし、大豆の種まきを行いました。

見習いの私は、トラクターが土を掘り返し種を蒔いた後、四辺形の畑の4辺、種の蒔き始めの部分でローラーが十分に機能しないために種が露出しているところに土を被せたり、重機で対処できない畑の隅の草の刈り残しを半月鍬で鋤いたりしました。
トラックから降りるトラクター 種まきの大豆
トラクターで大豆の種まき 畑の向こうから帰ってくる種まきトラクター
土に埋まらなかった赤い大豆の種を見つけては足で土を被せ、その上を踏んでいきます。畑の隅に生え始めた小さな雑草は土ごと軽く鋤くだけで、枯れてしまいます。
土が被らない大豆の種 刈り残った雑草
炎天下、3時間半程度の軽作業でしたが、都会の怠け者には、正直結構きつい労働でした。

大豆の種は、赤く染めてありました。鳥が種や発芽したての若葉を食べるのを防ぐための一手間で、鳥の嫌う臭いも添加されているそうです。自然に存在しないものには近寄らない動物の習性を利用した、人間の工夫です。素のまま蒔いたときに随分被害にあったそうですが、着色してからは食べられなくなったそうです。


一人作業をしていたとき、畑に隣接する住宅から人が出てきて声を掛けられました。

「加藤さん。老母が今年から耕さなくなった畑に、秋小麦を蒔いて使っていただけませんか」
「私は手伝いの者なので、加藤さんに伝えておきます」

日常を恙無く継続した結果である実績という信頼が、他人に安心を与え、動かすのだと思いました。

その第一歩、初歩の初歩。時間は守らないとね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/299-69800c0a