FC2ブログ
ゴマの収穫に備え、ゴマの先端を切り落とす作業をしました。

午前3時間、午後3時間、柄の長い剪定ばさみをひたすらチョキチョキしながら、ゴマ畑で汗を流しました。曇天で多少風もあり、凌ぎやすい日ではありましたが、それでもシャツとズボンはびしょびしょになります。昼の休憩の時に、シャツを替えました。
ゴマ畑
トラクターで収穫するため、高く伸びすぎた茎を目の高さ程度に切り落とすことと花を摘み成長を止め、既に出来た実により栄養が行き渡るようにすることが、目的です。
切り落としたゴマの花 頭を刈ったゴマ
こうして作物に手を入れていると、農とは人の営みであって、決して自然をそのままに受け入れることではないと実感します。大地の恵みとは言うものの、ゴマもジャガイモもキュウリも人に食べられたくて育ち、実をつけているわけでは無いのですから。

帰りに茶畑の様子を見て、隣の里芋畑に生えた丈の高い草を刈りました。雑草と人は呼びますが、食べられるか食べられないか、そんな区分は自然には無いな、と思いながら。
大きな葉を広げる里芋
7月に草取りをした畑の里芋は、大きく葉を広げていました。そろそろ収穫です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/305-16b80514