FC2ブログ
久しぶりに「麦ふみの会」のメンバーと畑に出ました。

7月から加藤さんのお世話になって、早や2カ月が経ちました。そろそろ「麦ふみの会」2年次について考えないといけないと思い、意見聴取のため一人誘い、日曜一日、一緒に畑で過ごしました。

午前、先週刈り取りをしたゴマ畑の後処理、マルチ剥ぎを行い、午後、大豆畑の草取りをしました。
大豆の草取りをする川口 大豆_収穫まであと2か月
今年は、夏の長雨の影響か、収穫が例年より少なくなりそうだと聞きました。ごく一部育ちの悪いところがあり、水捌けのよい入間の土ですが、多少低くなっている処に水が溜ったことで発育が遅れたのではないか、と加藤さんは考えているようです。土にも、想定外の雨量だったのでしょう。10数年大豆を作られていて、初めての経験だそうです。

予測不能な事態の連続に、知識と技術と経験と知恵で対処し、結果を受け入れる。農業とは、頭と体を使うものだと作業しながら実感しますが、より求められる資質は、物事を受け入れる寛容さなのかもしれないと思いました。

「麦ふみの会」が、放縦とはならずゆったりとした、人々の集う場所でありたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/308-febb9c5a