FC2ブログ
28日、本年最後の農作業を行いました。

年の瀬ですね。蕎麦粉を買い求める人が多いので、そばの実を脱穀し粉にする作業を朝から3時まで行いました。別働隊は、餅つきです。

我が家でも大晦日に年越し蕎麦を食べますが、暮れの忙しい時に蕎麦を自分で打つこと等思いもよりませんでした。世の中結構蕎麦を打つ人がいるんだな、とちょっとした発見をしたように感じました。

年越し蕎麦は江戸中期以降根付いた日本の風習で、ウイキペディアによると、日本人の57.6%が大晦日に年越し蕎麦を食べているそうです。私は何も考えずにただ食べているだけですが、諸説あるとはいえ由来、意味のある、日本人の精神的、内面的な在り様に拘わりをもつ年越し蕎麦は、一つの文化なのかなと思います。

蕎麦粉を作り終え、蕎麦殻をユーカリの林に蒔いた後、「これも日本の文化だ、やってみろ」と加藤さんに言われ、縄を綯いました(実は、恥ずかしながら完成しませんでしたが)。藁を三本の縄に綯えながら右肩上がりに結わえ、神棚に供え、玄関に飾るのだそうです。正月を前にした、暮れの大事な仕事です。
縄を叩く加藤さん 2 縄を綯う加藤さん
90を過ぎた方たちは、自分で毎日草鞋を綯い、学校に通ったそうです。70を過ぎた加藤さんは、暮れに縄を綯い、神棚に供えます。50の半ばにある私は、縄を綯えず、神棚の無い家でボーっとしています。

蕎麦は食べるけれど、縄を綯えない、日本の神々と無縁な私。
日本人であるはずの私は、日本人として何をし、日本の何を知っているというのだろう。

よく分からないけれど、今年は正月に向けて、黒豆を煮て、昆布巻きを作ります。自分に出来ることをし、それを次の世代が見ている。継承されるかもしれないし、されないかもしれない。それが文化なのだと思っています。

畑では、麦がしっかりと芽を出していました
麦の芽 玄関に飾った縄
加藤さんにいただいた、右肩上がりに結った縄を玄関に飾りました

来年は、麦のようにしっかりと立ち、真っ直ぐ進み日々精進し、右肩上がりの一年にしたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/324-8c6f9d27