FC2ブログ
一昨日、福島に行ってきました。

ずっと気になっていたのですが、中々行けなかった福島。ある方から、社会的意味を持った東北旅行の企画をするよう促され、東京で考えていても独りよがりに現実離れしたことしか浮かびそうもないので、よい機会と思いNPO法人“元気になろう福島”を訪ね、お話を伺ってきました。

当たり前のことですが、一人一人、地域地域によって震災の持つ意味は異なり、福島と一言で括ってしまうことは間違いなのだと、改めて思いました。放射線量が低く風評被害を被ってきている地域について事実を知り、過剰な反応を是正することが切に求められていることや、除染が進み、次のステップへ移ろうとしている放射線量が高かった地域への新たな支援が求められていること等、多様なニーズがあることを確認してきました。

果樹の植樹を行い、毎年植樹した樹の成長を見に現地を訪れ地元農家と交流し、実をつけるようになるまでは今成る果実を購入し、農家の収入の一助となる一方で、故郷の無い東京人のふる里を創生することを目的とした、繰返し同じ場所を訪れる旅行の企画をしてみようと思います。

果樹を育てる当事者であれば、果樹を見に行き、そこに常住している人たちや文化と触れ合います。風化とは、忘れ去られる、ということだと思いますが、人が目的を持って行き来していれば、そうしたことは起こりえないでしょう。お互いがお互いの日常を共有し、未来を共に築いていくことが、東北と東京の双方にとって重要かつ必要なことだと思いました。

元気になろう福島のお二人と別れた後直ぐ帰る予定だったのですが、近くに山が見えたので寄っていこうと思い、駅への道を右に折れて信夫山に向かって歩き始めました。山頂への道が分からず、何故か何人か遣り過ごした後で自転車に乗っている人を無理やり停めて、道を聞きました。不思議な出会いでした。4月から飯館村で除染作業をされるというその方から、除染の話や、被害状況によって補償や手当に差があるため経済格差が生まれ人間関係にも影響を及ぼしていること等、多様なそして現地で無くては聞けない話を伺いました。自転車を降り、手で押しながら3時間、私と歩き、話し相手となってくれたのです。

朝10時に家を出て、夜20時前に戻った日帰りの旅。

とてもよい一日でした。

信夫山展望台にあった線量計。線量計は、街の至る所にあるそうです
放射線量計
山からの眺め。左は福島市中心部。右は反対方向、飯坂温泉方面
信夫山からの風景 福島市中心部 信夫山からの風景 飯坂温泉側
何となく気になった、福島駅徒歩8分にある飲食店の閉店告知
何となく気になった閉店告知
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/335-ead1e943