FC2ブログ
4月2日、気持ちを新たにして入間に向かいました。

4月1日は、子供の入学式に行きました。何で親が出るのかと思いつつ出席しましたが、教授の話を聞いて結構楽しめました。少なくとも、子供と親が学生生活のスタートを共有することは悪くない、と思いました。

そんな訳で、年度初めの1日ではなく、2日が農業人生の初日となりました。

仕事始めは、畑には出ず、加工場での味噌作りでした。農業は圃場での仕事より、事前、事後の作業に時間を取られます。ちょっとした加工品を出荷している農家では、加工・出荷作業にかなりの時間が割かれています。大豆農家である加藤さんのところでは味噌は主力商品ですので、毎年1月~4月初旬、味噌作りに追われます。

米48kgを4段に分けて蒸かし、蒸した米に種麹を混ぜ、水分を保ちながら、40℃で1日寝かせます。翌日、この米麹と、大鍋で大豆50kgを茹でた後ミンチにしたものと塩を混ぜ、空気を抜いて箱詰めし、塩を振り、仕込み作業は終わります。

午前、蒸かした米を冷ましながら種麹を混ぜていく作業を行い、午後、米麹と大豆と塩を混ぜて箱詰めする作業を行いました。汗を流しながらの、結構な重労働でした。

昼に、入間市博物館ALITに行ってきました。歩いて、7、8分です。

全ては、ここから始まりました。ALITでお茶大学の講義を履修した際、薦められて入間市役所の農業委員会事務局に行き“僕らの農園”を教えてもらい、訪ねて行って加藤さんのことを教えてもらい、電話をして加藤さんを訪ね週末作業させていただくようになり、この4月からは週4日、農業研修をさせていただくことになったのです。

3日には、味噌作りの合間に畑に出て里芋の種芋堀りをした後、トラクターで畑を耕す練習をしました。10分にも満たない運転でしたが、疲れました。4日は、小麦の袋詰め、味噌作りと味噌のパック詰めを行い、第一週を終えました。

桜の咲くころ1年生?ALITは、桜が満開でした
ALITの桜 ALITの桜 2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/336-76470a33