FC2ブログ
久しぶりに、東京都唯一の村、檜原村に行きました。

15年ほど前から檜原村に通い、傾斜地の畑を耕し、麦、大豆やジャガイモを育て、美味しい味噌を作っている方からお誘いを受け、檜原山歩きの会に参加しました。
山の不思議 杉の林を行く
傾斜がきつく、最初の10歩で息が上がり、足がきつくなり、もうだめかと思いましたが、4時間程度の山歩き、最後まで持ちました。ただひたすら歩く苦行の会ではなく、歩いては立ち止まり、花を見、木を観察し、動物の痕跡を確認し、山の生き物たちと同じ空気を吸い、そうしているうちに、人を離れ山に包まれていくような、ゆったりとした時間の中にいたので、疲れをあまり感じなかったのだと思います。
ヴァイオレットのスミレ 白いスミレ
狸(狐?)の落とし物 鹿が齧った木

山つつじの咲く旧小林家住宅に降りてくると、人里に戻ったな、という安堵のような寂しさを感じました。人、特に都会人は、山の中では異物なのかもしれません。
旧小林家住宅

集合場所の旧藤倉小学校に戻り、休憩。北海道夕張市のお菓子、関東大震災の復興を願い、さらに北海道開拓時の助け合う気持ちをこめて「起備団合」と命名されたという、黍で作っていない“きびだんご”をいただきながら、沖縄の西表島の話を聞き、楽しく”人”の時間を過ごし、散会しました。

山が近いと売るものも違います。武蔵五日市のセブンでは、コーヒーもあれば薪もあります
武蔵五日市のセブン 薪を売っています
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/339-f065bcac