FC2ブログ
秋田県五城目町に行ってきました。

茅葺古民家 横 茅葺古民家を中庭より見る
目的は、築133年の茅葺古民家をシェアハウスとして活用し、維持保存していこうとする、参加型のプロジェクトのお披露目、開村式に出席することでした。開村とは、資金提供者であり宿泊者ともなる全国の参加者が集うことで村を興し、様々に連帯していくことで村民となっていく、という意味だと理解しています。
茅葺古民家 土間 茅葺古民家 風呂場
村内心得 茅葺古民家 畳
人にフォーカスしている点に興味を持ち参加しましたが、萱を葺くという技術を自分たちで習得し、文化として継承していくと聞き、ますます目が離せなくなりました。茅葺屋根を維持していくためには、葺き替え等に莫大な資金が必要です。元々は村の人たちが共同で行っていた作業が商品化され、労力が金銭に置き換えられ、茅葺屋根が過去の遺物となる中で費用が高騰し、維持が難しくなっている現状を根本から見直し、萱を葺くという専門技術を作業として自分たちの手に取り戻し、自分たち自身の文化にしようとする試みに、未来を感じました。

廃れ行く技術の承継は、簡単なものではありません。この困難を引受けようとする若い世代の可能性に、惹かれます。

<ご参考>
http://sharevillage.jp/
https://www.facebook.com/sharevillageproject
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/341-aa329e48