FC2ブログ
30日(土)、色付いてきた小麦畑の草取りをしました。

強い日差しに頭がくらくらしながら、10時から3時半まで実働4時間。小麦の横に生えた青いカラスムギをモアを使って刈りました。
柏原の麦畑 草取り前 柏原の麦畑 草取り後
お世話になっている農家の加藤さんは、よくこう言っています。「化学で駄目なら、物理で考えろ」と。

農業は人の行うことなので、大地や気候、植物や動物と深く拘わりますが、自然を如何に人の都合に引き寄せるかをマネージする、極めて人工的な作業です。自然は様々な動植物を寛容しますが、人は人に有益でないもの以外は“害“の名を以って排除します。

小麦の畑という人的環境においては、小麦以外の植物は排除しなくてはなりません。方法は、二つあります。農薬を使うか、取り去るか。前者が“化学”で後者が“物理”です。

収量を最大化しようとすれば、「多肥料」+「農薬」となり、安全を求めれば収量を追わず、「小肥料」+「無農薬=草取り」となります。

コストという指標、効率という基準に計れば、即効性のある化学肥料を大量投入し、農薬を散布して草を生やさず収量を最大化することが最善で、収量を犠牲にして遅行性の有機肥料を少量投入し、農薬を使わず草を生やし草を刈ることは、愚か者が行う前時代の手法と看做されるのでしょう。

恐らく、ここが分岐点だと思います。

人の行為全てを数値に還元するか、別の尺度で意味を与えるか。


菜種もそろそろ収穫です。来週あたりかな、と畑を見ながら話しました
菜種の花 実り始めた菜種
実が熟し始めた菜種 実が熟した菜種
4月に咲いた花が、5月半ばに実となり、熟し、今、色付いてきています
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/348-93fafc0b