FC2ブログ
6月29日(月)の午後、ユーカリの苗の移植をしました。

来週日曜日、何人かの方に集まっていただき、急な仕事を手数でこなそうと計画していますが、午前の作業を終えた時に加藤さんから「午後はユーカリやろう」と言われたので、一部、先倒しで行いました。

農作業は、天気と土と相談し、その場その場で段取りや手順がよく変わります。やろうと意気込んでいた仕事が終わっていたり、前日予定していた作業が行われないこともしばしばで、何故そうなったのか分からず、正直「あれっ」と思うことも間々あります。このギャップをどう埋めていくか、課題の一つです。

ユーカリの苗の移植は農業体験イベントでは無く業としての農作業ですので、出来ることは出来る時にやっておくという鉄則に従い、優先作業であったゴマ畑のマルチ敷きを終えたため、ユーカリの苗の移植を始めることは当然と言えば当然のことかもしれません。

ユーカリは、埼玉県こども動物自然公園のコアラの餌となるもので、月2回枝を切り、届けています。日本古来の木で無く土壌や気候が合わないためか、枯れていく木が結構あるそうです。その補充のため動物公園から苗が送られてきて、空いた場所に移植します。
ユーカリの苗
加藤さんのユーカリ畑は4つあり、その中で一番小さい畑に40株ほど移植しました。トラクターで雑草を鋤いた後、鉄棒を木の並ぶ直線上に立て、巻き尺をぴんと張って木と木の間隔を確認(3m40cm)し、二本の木を結ぶ中点(1m70cm)に丸く穴を開け、苗を置き、土を被せ、枝の先を切り、水を撒きます。これを40回、午後2時から3時間程、繰り返しました。
トラクターで鋤く トラクターで鋤く 後
この後一月、草との闘いが始まります。少なくとも2週間ごとに2回、草刈りを行わないとユーカリが草に負け、苗が木に育ちません。7月一月が、勝負どころ。それを過ぎれば、木が太陽を独占し、枝がずんずんと伸びていくとのことです。
移植したユーカリの苗
苗は、動物公園から事前連絡なく突然送られてきたと聞きました。動物公園は農家の実態とは別に、管理台帳を持ち、定められたルールと予算に従って、苗を送っているのかもしれません。実際に育っていない空いた場所があるので補充は必要でしょうが、育たなかった場所に再移植しても、また木とならない場合が少なくないようなので、実態とかい離した机上の管理のように感じました。

オーストラリアの土壌に近づけるように土壌改良することや、数年ごとに木を伐採し、畑ごと空け移植するような林業的管理を、予算を確保し計画的かつ実際的に行っていかなくてはならないのではないかと思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/354-87d083ae