FC2ブログ
農作業は天候に左右されることが多く、中々、人が思う通りには行かないようです。

7月5日(日)、6日(月)私の呼びかけに応えてくれた仲間と共に「ユーカリの苗を移植するぞ!」と意気込んでいましたが、天気が悪く、出来ませんでした。代わりにささげとゴマの種蒔、収穫時に使用するコンバイン袋の清掃、そしてゴマの水洗いを行いました。

日曜日は小雨で、重機を畑に乗り入れるには無理がありましたが、辛うじて、人が歩き作業をすることは出来ましたので、これも至急行わなければならなかった、ゴマとささげの種を蒔きました。
ささげの種蒔 黒ゴマの種蒔
畑では、ツバメが地上すれすれに飛んだり、急上昇急下降したり、忙しそうにしていました。
畑の上空を飛びツバメ

月曜日は本降りで、畑に出ることが出来ず、室内作業となりました。
ゴマの水洗い 麓さん

火曜日は曇りで、午後、加藤さんは移植を行うユーカリ畑にホイールローダーを入れ、枯れた木の根を掘り起し、私は伸びた草を刈りました。天気の問題で苗の移植が出来ていないのですが、移植の準備も整っていなかったようです。
草ぼうぼうの苗を移植するユーカリ畑 瑞穂 掘り起こしたユーカリの根
水曜日は雨でしたが、一日中、私一人、ユーカリ畑で草刈りを行いました。特に午後降りが酷くずぶ濡れになり「そこまでしなくても」と呆れられましたが、濡れる以外は特に問題と感じなかったので、午前3時間、午後3時間半、ひたすら草を刈りました。

天気の回復を待って、掘り起こした根を除け、トラクターで畝った後、マルチを敷き、苗を移植することになります。来週に入ると、そばの刈り取りが最優先になるようですので、ユーカリの移植は更に先延ばしされるかもしれません。

ゴマ畑の隣に植えられているキュウリの花
キュウリの花
綺麗だなと思いました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/355-27e2e6cb