FC2ブログ
師走最後の日曜日、オギノエンファームで餅つきをしました。

昔は師走のこの時期、そこここで杵が餅を搗く音を聞いたように記憶しています。私も自宅で餅つきをしていましたが、いつの頃からか搗かなくなりました。廃れ行く日本の師走の風物詩なのかもしれません。

時代に超然として日常を楽しんでいる荻野さん宅では、昨年行われた餅つきは今年も変わらず行われ、来年もまた行われるでしょう。そして気の置けない人たちが、大勢やって来ます。今年は40人ほどの人で、賑わいました。

10臼、搗きました。作業は、多くの人を一つにするようです。誰が命じるのでもなく自然と皆がそれぞれに役割を見つけ、互いに確認しながら、米が搗かれ、伸し餅や丸餅となっていきます。
エゴマ味噌を作るためにエゴマを 先ず、杵で捏ねる
餅を搗く 丸餅を作る
餅を伸す 餅つき 竹内さん山口さん
子供も大人も、笑顔で杵を握り、搗いた餅を伸ばし、丸餅に丸めていました。

餅つきを終えた後は、餅を肴に、ビール、日本酒、そして酒じゃない力水だと勧められた泡盛をいただき、程よく酔い、善き人たちと日の暮れるまで話に興じ、のんびりと歩いて帰りました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/377-69f31c31