FC2ブログ
プルート6巻を読みました。

「一年中枯れずに咲いている花はないのって聞いたの。」
「そうしたら彼は・・・?」
「種をつけて花は枯れなきゃだめなんだって。そりゃそうよね。」

私たちは、時の中にいます。つまりは、単なる繰り返しに過ぎません。閉じ込められていると感じるか、限りある故に美しいと思えるか。

花となり、種をつけて散る。生きる時間は、掛け替えのないものです。人生は創るものであって、元々意味のあるものではありません。創造のために使うもよし、投げ捨てるもよし。

ダイエットに疲れたら、とんかつをどうぞ。
090628_とんかつ_リサイズagain
スポンサーサイト



コメント

さいたま方面の旧友Aです。私もときどき寄らせてもらってますが、なかなかコメントできることがなくてすいません。
でも、同じころに田植えの光景に足をとめていたり、なにかリスペクトできるものを確認していたり、やはり世代は争えない?か、などと勝手に思ってしまったりしています。
(ところで、私のように陶芸に無縁だった人にも向けて、陶芸ある暮らしのおすすめとかの話題も、ちょろっといただけると、ありがたく……)
ぜひ、ぜひ、長く続けてください。
ここではリーピチープ三世……ということで
コメント、ありがとうございます。

当初、文章と写真を一体のものとして、“こんな生活風景は楽しくないですか”という問いかけをしていこうかと考えていました。力量不足なんでしょうね。これしかないと決めてしまうと息苦しくて、続けていけそうもないように感じ、思いついたことを書き、全く関係のない料理と器を視覚で楽しんで貰おうという今のスタイルになりました。

“陶芸のある暮しを通して「心豊かな生活」について考え、提案します”と言っているわけですから、看板に偽りあり、ですよね。お前の都合なんか聞いてねえ。私もそう思います。

とはいえ、とにかく続けること、が大事だと思っています。まずは1年かな。ご指摘の点ごもっともであり、考えなくてはいけないことだと気にかけていましたので、1年経過するまでの向こう数ヶ月、考えてみます。お時間をください。

ありがとうございました。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/38-bba0059f