FC2ブログ
少年とは、私のことです。

私が昔勤めていた会社の先輩が、今の私を評して「あいつは、少年だから」と言っていると聞きました。以前「お前は、夢追い人だからな」と直接言われたこともあります。

当の本人は夢を追っている積りは毛頭なく、具体的な目標に向かって現実を生きようとしているのですが、どうもそうは見えないようです。大学の同級生からも私の畑仕事について「夢に向かっての決断」云々とメールをもらいました。

“現実“とか”現実的“とか”現実性“ということは、見る人、見る時、見る方向・角度・距離によって、随分と異なってくるようです。

この2週間、多くの人と会って話を聞き、メールを交換し、自分のしたこと、していること、しようとしていることについて、見直しをしました。

「仲間を集め、一緒に作物を育て、収穫し、加工・調理して食べ、飲み、楽しむこと」
「都市生活者が、消費者であると同時に耕作者となり、耕作放棄地となる土地を耕し、農地として維持、管理していくこと」
「都市生活者の日常に農作業時間を取り込み、これを労働(コスト)ではなくエンターテイメントとして位置付け、労賃を限りなくゼロにし、労働集約的でありながら生産費用を低下させること」

これらについて語ると
「楽しそうな文化活動ですね」
「農業は大変だよ。どうやって食べていくの」
と返ってきます。

私は、文化活動でありかつ経済活動としての「都市生活者参加型の農業」を近未来の現実と考えています。しかし、多くの人には、今存在しないし明日も存在しない夢物語と映り、「ま、頑張って」と肩を叩かれることが私の現実であるようです。

野菜売りから始めて、週末農業を経て、毎日畑に出るようになり、そして6次産業を指向して自らが栽培に携わった小麦で白ビールを作るところまで来ました。

ちょっと遠くなりますが、群馬か千葉で畑が借りられそうなので、来月には、遅れていた「麦ふみの会」会員募集を開始する予定です。

現実とは、今ただあるものでは無く、今創っている、これから創っていく、選択的な未来の一つの姿だと理解しています。別言すれば、夢とは“やりたいこと”なのに対して、現実とは“必要”すなわち“すべきこと、求められていること”だということです。
ドジョウ、ザリガニが居る畑 田んぼの後の麦畑 修正
写真は、私の心に映る現実、先日訪れた上州の畑です。

見直しをして、幾つかの間違いに気付きました。計画を修正して、半歩先に進みたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/380-804d3547