FC2ブログ
3月19日(土)、素敵な音楽会に行ってきました。

新宿区の戸山ハイツで行われた、東北から震災避難されている方々の集まり「青空会」の音楽会です。ギターと筝のデュオで、奏者の語りに耳を傾けたり集った人たち皆が会話したりする時間をはさみながら、5曲をゆったりと聴きました。

1曲終わると、筝を調弦します。その調弦の音を聴きながら、暫くギター奏者の話を聞きます。次の演奏が始まり終わると休憩となり、そこに居る皆が様々な会話を楽しみます。そしてまた演奏が始まり終わり、調弦の音を聴き奏者の話を聞き、演奏が始まり終わります。
内藤さん@青空の会 小仁田さん演奏@青空の会 2
楽器の音色と人の言葉が断続的にゆらゆらと繋がり、考えることは人によって異なるのでしょうが、その場のみんなが「考える時間を共有」する音楽会。5曲立て続けに演奏され、音のシャワーを浴び「ん~ん、心地よい」という、聴き楽しみ音に包まれ溶け込んでいく、いつもの音楽会とはちょっと違いました。

筝は、持ち運びが大変だし、調弦も面倒だし、弾くには筝に向き合う気持ちの余裕と手続きが必要とされる「苦難な楽器」なのだそうです。そんな奏者の手続に、聴く側も引き込まれていきます。お手軽簡単、効率的で軽薄な現代の日常から離れ、豊かで美しい音の流れに浸りながらも、ちょっとした言葉の抵抗を心の奥底に置かれたような、新鮮な経験でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://harukazenowarai.blog90.fc2.com/tb.php/387-a8adc2bc